【徹底解説】〜動画編集を在宅でやりたい人へ〜未経験から始める方法

「未経験だけど動画編集をやってみたい」「できれば在宅ワークがいいな」と思っていませんか?

動画コンテンツの需要が伸びているため、動画編集ができる人材の需要も増えています。やりたいと思っている人は、ライバルが少ないうちから早めに始めておくのがおすすめです。

この記事は、未経験から動画編集を在宅ワークで行いたい人向けに書いています。最後まで記事を読むと、以下5つを理解できます。

この記事でわかること
  1. 動画編集のスキルを持っておくとよい理由3つ
  2. 動画編集のスキルを身につける方法3つ
  3. 在宅で動画編集の仕事をするために必要なもの3つ
  4. 在宅でできる動画編集の仕事の雇用形態4つ
  5. 在宅でできる動画編集の求人を探す方法4つ

未経験から在宅で動画編集の仕事をするために、何が必要なのか、何をすべきなのかわかるので、ぜひ最後までお読みください。

(アイキャッチ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/3542753?title=リモートワーク)

Contents

動画編集の仕事は未経験でもOK!もちろん在宅も可能!

https://www.photo-ac.com/main/detail/3317951?title=OK

「動画編集の仕事をしたいけど、未経験でも大丈夫かな…」という不安を持っている人は多いでしょう。結論から言うと、未経験でも動画編集の仕事はできます

未経験者を受けて入れている会社もあるので、安心してくださいね。もちろん、在宅での勤務も可能です。

筆者
とは言え、未経験者歓迎であってもスキルを持っていることが応募条件であるケースもあります。

また、まったく動画編集をやったことがない状態で会社に入っても、仕事が苦痛に感じてしまってはあまり意味がないでしょう。

実際に動画編集をやってみてスキルを身につければ、応募できる求人が増えますし、あなた自身が動画編集の仕事を好きかどうかもわかります。

そのため、まずは動画編集のスキルを身につけるのがおすすめです。

在宅は人気!動画編集が未経験でもスキルが必要な理由3つ

https://www.photo-ac.com/main/detail/4341952?title=数字を持つ笑顔の女性

動画編集の仕事は未経験でもできますが、スキルを身につけることで選択肢が増えますし、仕事に向いているかどうかわかります。

まずは、実際に動画編集をしてスキルを身につけてみてください。

また、そのほかにも、動画編集スキルを身につけた方がよい理由3つあります。

動画編集スキルを身につけた方がよい理由3つ
  1. 即戦力になれて優遇される
  2. 在宅を希望する人が増えている
  3. 在宅勤務だと全国にライバルがいる
動画編集の仕事をする上で必ずしもスキルが必要なわけではありませんが、スキルがあるとより有利に仕事を獲得できます。

次章以降で以上3つをさらに詳しく解説していくので、参考にしてください。

動画編集が未経験でもスキルが必要な理由①即戦力になれると強い

https://www.photo-ac.com/main/detail/4353720?title=オフィスでパソコンを使うビジネスウーマン

動画編集のスキルがあれば、即戦力になれるため、優遇される可能性が高いです。収入が高くなりやすいですし、応募者が多い場合でも採用されやすくなります

動画編集のスキルがなくても応募できる求人はありますが、スキルがあると選択肢が広がり、さらに有利に仕事を獲得できるのです。

フリーランスになる場合などはとくに、スキルがないと安い単価の仕事しかもらえないこともあります。単価の安い仕事しか受けられないと、普通に飲食店などでアルバイトした方が割がよい状態になってしまいます。

せっかく動画編集の仕事を始めるなら、収入が見込める仕事をしたいですよね。よい仕事を受けられるようになるためにも、動画編集のスキルを身につけておくことをおすすめします

動画編集が未経験でもスキルが必要な理由②在宅希望者の増加

感染症の影響やウェブツールの普及などによって、在宅勤務を希望する人が増えています。それに対して、在宅勤務ができる求人は数が限られています。

会社が在宅勤務を取り入れるためには、大きな変革が必要なためです。そのため、在宅勤務ができる仕事や求人は競争率が高いです。

未経験の人よりもスキルを持っている人の方が希少性が高く、優遇されやすいでしょう。スキルを持っておくことで、ライバルに差をつけて仕事を獲得できます。

これからますます在宅勤務を希望する人は増えていきますから、なるべく早いうちからスキルを身につけておくとよいでしょう。

動画編集が未経験でもスキルが必要な理由③在宅勤務は全国が競合

https://www.photo-ac.com/main/detail/3241239?title=手の平と日本列島

前章の内容とも少し被りますが、在宅勤務は会社と自宅が遠く離れていても可能なので、競合が日本全国にいます。つまり、通勤が必要な求人よりも競争率が圧倒的に高いのです。

高い競争率の中で採用してもらうためには、採用する側にあなたを雇うメリットを提示する必要があります。その点、スキルを持っておけば以下のようにアピールできます。

  • 「過去にこんな動画を編集しました!」
  • 「〇〇できます!」

スキルのある人は一から仕事を教える必要がないため、教育コストが低く、会社が欲しい人材なのです。ぜひ、スキルを身につけて希望する仕事を獲得してくださいね。

在宅で働こう!未経験者が動画編集のスキルを身につける方法3つ

https://www.photo-ac.com/main/detail/3773066?title=スキルアップ

前章までで、動画編集スキルを身につけるメリットを紹介しました。仕事をするのにスキルは必須ではありませんが、スキルがあることで有利になるので身につけておくことをおすすめします。

とは言え、「スキルを身につけるってどうやれば・・・」と困ってしまう人もいるでしょう。動画編集のスキルを身につける方法は以下の3つがあります。

動画編集スキルを身につける方法3つ
  1. 独学
  2. スクール
  3. 会社
それぞれメリットデメリットがあるため、あなたに合った方法を選んでみてください。

未経験者が動画編集のスキルを身につける方法①独学

動画編集のスキルを独学で身につける場合、自分のペースで習得していけるのが大きな魅力です。仕事が忙しくて決まった日程で時間を確保するのが難しい人などは、独学がよいかもしれません。

ただ、独学は自由度が高い分、サボることも簡単にできてしまいます

  • 「やる気出ないから今日はいいかな・・・」
  • 「いつでもできるから後でいいや」
  • 「遊びに誘われたからまた今度」

以上のように、やらない言い訳を探せばいくらでも出てくるでしょう。自分でしっかり学習計画を立てたり、モチベーションを維持したりしないと、思うように成果が出ません。

自分で計画を立てたり、やる気を出したりするのが苦手な人に独学は向かないでしょう。

そのほか、動画編集を独学で身につけるコツなどについては以下の記事を参考にしてください。

【動画編集を独学する方法】プロから教わる方が良いケースも紹介

2021年2月1日

未経験者が動画編集のスキルを身につける方法②スクール

https://www.photo-ac.com/main/detail/3598995?title=オンライン授業

スクールでは、動画編集について体系的に学べるため、効率よくスキルを身につけられるのが魅力です。

また、一緒に学ぶ仲間がいるため、「あの人も頑張っているから自分も頑張ろう」などとモチベーション維持もしやすいでしょう。

デメリットとしては、学費がかかることです。とは言え、効率よくスキルが身につくので、動画編集の仕事をこなせばすぐに元が取れるでしょう。

時間がない人や感染症対策をしながら学びたい人には、通学の必要がないオンラインスクールがおすすめです。

動画編集を学ぶならクリエイターズジャパン〜スキルを身につけよう〜

2021年1月31日

未経験者が動画編集のスキルを身につける方法③会社

https://www.photo-ac.com/main/detail/1414117?title=オフィスでの風景186

未経験者を受け入れてくれる会社に入社して、スキルを身につける方法もあります。仕事として動画編集をするため、より実践的なスキルが身につくでしょう。

ただ、会社で学ぶ場合には役割が決まっていて限られた一部のスキルしか学べなかったり、そもそもスキルがなくて就職できないリスクもあります。

動画編集にとても多くの時間を使えるので、かなり効率的ではありますが、実現するのは難しいかもしれません。

未経験でも必須!動画編集を在宅でするために必要なもの3つ

https://www.photo-ac.com/main/detail/4068577?title=指差しするデスクワークの女性

前章までで、動画編集スキルを身につける方法を3つ紹介しました。あなたに合った方法でスキルを身につけてくださいね。

在宅でスキルを身につける時や実際に仕事をしていく時には、以下3つが必要になります。

動画編集を在宅で行うために必要なもの3つ
  1. 動画編集ソフト
  2. ネット環境
  3. パソコン
以上の3つがすべて揃っていないと、動画編集作業が思うようにできません。紹介する3つは動画編集をするなら必須ですので、妥協せず、作業しやすい環境を整えてください。

動画編集を在宅でするために必要なもの①動画編集ソフト

動画編集をする時は、動画編集ソフトを使って作業をします。ソフトには種類があるので、あなたが使いやすいと思うものや作りたい動画のに適したものを選びましょう。

とは言え、スキルも経験もない状態ではどんなソフトがよいのかわからないかもしれません。また、使い方を自分で調べながら覚えていくのはかなり時間がかかります。

その点、スクールならやりたい編集内容に必要な作業をまとめて理解できるでしょう。ソフトの選び方を理解するためにも、プロから学ぶのがおすすめです。

動画編集を在宅でするために必要なもの②ネット環境

https://www.photo-ac.com/main/detail/3411965?title=パソコンとwifi電波

動画編集をする時には、ネット環境もとても大切です。ネットにつながっていたとしても、速度が遅いと作業の効率が落ちてしまうからです。

動画はたくさん通信を行うので、速度が速いものを選ぶようにしてください。

また、通信量に制限のあるものは避けましょう。動画は通信量が多いため、すぐに制限がかかってしまうからです。動画編集をするなら、通信が速く、通信が無制限に使えるものを選んでください。

動画編集を在宅でするために必要なもの③パソコン

動画編集をするなら、スペックの高いパソコンを使うようにしましょう。保存できるデータ量が少なかったり、情報の処理速度が遅かったりすると、作業が思うように進みません

作業が思うように進まないと、収入にも影響しますし、作業にストレスを感じて必要以上に疲れてしまうでしょう。

もしMacを使う場合は、MacBook Airではなく、MacBook Proをおすすめします。Windowsパソコンを利用する場合にも、同様のスペックがあるパソコンを選んでください。

在宅で動画編集をする場合の雇用形態4つ

https://www.photo-ac.com/main/detail/4214915?title=電球を持つ手

前章までで、動画編集を在宅でする時に必要なものを3つ紹介しました。作業環境は収益の得やすさに直接影響するので、こだわることをおすすめします。

自宅の環境を整えて、仕事ができる体制を作りましょう。しかし、在宅で仕事をしたことがない人は自宅環境だけでなく、雇用形態についてもよくわからないかもしれません。

ここからは、在宅で動画編集する場合の雇用形態4つ紹介します。

在宅で動画編集する場合の雇用形態4つ
  1. バイト・パート
  2. 業務委託
  3. 正社員・契約社員
  4. 派遣社員
在宅ワークで動画編集をする時には、以上4つのどれかで勤務することになります。

雇用形態によって、それぞれメリットデメリットがあるので、あなたはどの雇用形態がよいか考えながら読んでみてください。

在宅で動画編集をする場合の雇用形態①バイト・パート

動画編集の仕事はバイトやパートでも可能です。求人数は少ないですが、通常のバイトなどと同じように時給制で働けるため、スキルがなくても安定して収入が得られます

シフトを組む必要があるので、忙しい人や決まった日程に時間を確保できない人には向かないでしょう。反対に時間の自由がきく学生主婦の人にむいていると言えます。

ただ、在宅勤務が可能な求人数は限られていますので、仕事探しには少し時間がかかったり、見つからなかったりすることに注意してください。

在宅で動画編集をする場合の雇用形態②業務委託

 

https://www.photo-ac.com/main/detail/4372143?title=在宅ワークイメージ

業務委託は求人数が多いため、すぐに仕事をしたい人におすすめです。業務委託とは仕事単位で契約を結ぶ形のことで、労働契約を結ばないのが特徴です。フリーランスは業務委託で仕事をする人のことを言います。

基本的に時給制ではなく、「この仕事で〇〇円」という契約になります。そのため、スキルがあればあるほど高単価の仕事ができ、スキル次第では月収100万円を達成することも可能です。

逆にいうと、スキルがない人は仕事が獲得できなかったり、安くつかわれてしまったりします。業務委託を選ぶのであれば、スクールなどでしっかりとスキルを身につける方がよいでしょう。

また、業務委託の場合には納期がありますが、いつ作業するかはあなたが決められます。現在サラリーマンをしている人でも、休日や隙間時間を活用すれば仕事ができるのは大きな魅力と言えます。

筆者
動画編集の仕事をするなら、求人が多く、高い報酬が見込める業務委託がおすすめ!

在宅で動画編集をする場合の雇用形態③正社員・契約社員

正社員や派遣社員として、会社と雇用契約を結んで動画編集の仕事をする選択肢もあります。社員として働けば固定給が得られるので、未経験でスキルがない人でも、安定して稼げるでしょう。

ただ、すでにお伝えしたように、在宅勤務ができる社員募集は働き手の数と比べると圧倒的に不足しています。社員の場合には、動画の企画や撮影も仕事内容に含まれるのが一般的だからです。

また、「スキルなしでもOK!」「未経験者歓迎!」という求人があったとしても、スキルのある人が優先的に採用されるでしょう。

未経験の人が社員雇用を目指すのはかなり難しいため、アルバイトや業務委託を目指すのがおすすめです。

在宅で動画編集をする場合の雇用形態④派遣社員

派遣社員としても動画編集の仕事はできますが、社員と同様に現状では求人がほとんどないと言ってよいでしょう。

求人を見つけるだけでも大変ですし、あったとしても競争率が高いため、経験やスキルのある人が採用される可能性が高いです。

採用してもらえる機会を待つくらいなら、スクールに通ったり、バイトをしたりしてスキルを身につける方がよいでしょう。

また、自由に仕事時間を決めたい人や、高い報酬が欲しい人は業務委託で仕事を受注するのがおすすめです。

在宅でできる動画編集の求人を見つける方法4つ

https://www.photo-ac.com/main/detail/4093869?title=検索と都市風景

前章までで、在宅勤務ができる動画編集の雇用形態を4つ紹介しました。それぞれ特徴がありますが、実現可能性を考えるとバイトや業務委託がおすすめです。

しかし、「動画編集の仕事ってどう探せばいいの?」と疑問に思う人もいるでしょう。

ここからは、動画編集の求人を見つける方法4つを紹介していきます。

動画編集の求人を見つける方法4つ
  1. 求人サイト
  2. クラウドソーシング
  3. SNS
  4. スクール
それぞれ獲得できる仕事の雇用形態などが異なりますので、あなたが希望する求人に出会えそうな方法を実践してくださいね。

在宅でできる動画編集の求人を見つける方法①求人サイト

https://www.photo-ac.com/main/detail/4206533?title=スマートフォンで検索

正社員・契約社員・派遣社員・バイト・パートで働ける求人を見つけたい場合には、求人サイトがおすすめです。

求人サイトの検索窓に「動画編集 在宅勤務」などと入力して、求人を探しましょう。在宅勤務の場合には、出社する必要がないので全国どこの求人であっても応募できます。

ただ、求人の中には「月に一度は出社が必要」「面接は会社で行う」など、出社が必要な求人もあるので注意してください。

また、実際に求人サイトで検索してみるとわかりますが、求人数はとても少ないです。仕事探しに時間をかけられる場合はよいかもしれませんが、そうでない人は他の方法を試す方がよいでしょう。

在宅でできる動画編集の求人を見つける方法②クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、働きたい人と雇いたい人をマッチングしてくれるサービスです。クラウドソーシングを行っているサイトの有名どころとして、クラウドワークスランサーズが挙げられます。

クラウドソーシングサイトでは、業務委託の仕事が見つかります。サイトが仲介してくれるので、「仕事をしたけど報酬が支払われなかった」といったトラブルに巻き込まれるリスクも低いです。

ただ、システム手数料がかかり、受け取れる報酬は下がります。信頼できる相手が見つかった場合には、クラウドソーシングではなく直接契約を結ぶ方がよいです。

クラウドソーシングサイトを使ったことがない人は、まず、無料会員登録をしてどんな仕事があるのかを探してみましょう

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

※ 登録はメールアドレスなどを入力する簡単作業で、3分あれば完了します。上記リンクをクリックした後、「無料で利用を開始する」というボタンをクリックすると、登録フォームが開きます。

※ 実際に応募する際には、本人確認をしておくと採用率が高まるので、登録時に済ませておくとよいでしょう。

在宅でできる動画編集の求人を見つける方法③SNS

https://www.photo-ac.com/main/detail/2094484?title=SNSで情報発信

難易度は上がりますが、TwitterなどのSNSを活用して求人を見つける方法もあります。直接契約を結べるので、手数料などのコストがかからず、報酬を丸ごと受け取れるのが魅力です。

すでにフリーランスとして働いている人の中には、仕事を抱えすぎて、他の人に頼みたいと思っている人もいます。そういった人が仕事募集していることもあるので、仕事募集の投稿を見かけたら応募してみましょう

採用率を上げるためにも、投稿やプロフィールに「動画編集やります!」などとアピールするのがおすすめです。実績やスキルがあれば、さらに採用率がアップするので忘れずに記載してくださいね。

筆者
実績やスキルがある場合には、仕事募集をしていなくても自分から営業をかけて仕事を獲得する方法も有効です。

かなり難易度は高いですが、直接仕事をもらえれば高単価な仕事ができる可能性もあるので、覚えておくとよいかもしれません。

在宅でできる動画編集の求人を見つける方法④スクール

動画編集スキルを学べるスクールでは、求人を見つける方法を教えてくれたり、求人を紹介してくれたりすることもあります。

直接の知り合いから紹介してもらえる仕事は、安全性が高く、報酬の未払いなどのトラブルも少ないです。初めて業務委託で仕事をする人であっても、安心して仕事できるでしょう

ちなみに、クリエイターズジャパンなら、動画編集スキルだけでなく仕事獲得に必要なスキルも学べます。本気でフリーランスを目指したい人は、クリエイターズジャパンのようなスクールで学ぶことをおすすめします。

動画編集を学ぶならクリエイターズジャパン〜スキルを身につけよう〜

2021年1月31日

まとめ:未経験から在宅で動画編集をはじめよう

https://www.photo-ac.com/main/detail/3388477?title=窓際でパソコンを操作する人

未経験から在宅勤務で動画編集の仕事をする方法を紹介してきました。未経験でもできる仕事はありますが、求人数が限られているので、スキルを身につける方がよいでしょう

記事中では動画編集スキルを身につける方法として、以下3つを紹介しました。

動画編集スキルを身につける方法3つ
  1. 独学
  2. スクール
  3. 会社
メリットデメリットはありますが、効率よくスキルを身につけたいならスクールがおすすめです。スクールを選ぶ時には、動画編集スキルだけでなく、仕事を獲得する方法についても学べるスクールを選びましょう。

動画編集スキルがあっても、仕事を獲得するスキルがないと仕事を得られないからです。実際に動画編集を仕事にするためにも、両方のスキルを身につけてくださいね。

ちなみに、クリエイターズジャパンなら、動画編集スキルに加えて仕事を獲得する方法やコツまで教えてくれます。

その他にも、フリーランスになった時の確定申告の仕方まで学べるので、卒業後はすぐにフリーランスとして働けるでしょう。興味がある方は、以下の記事でクリエイターズジャパンについて理解を深めてみてくださいね。

動画編集を学ぶならクリエイターズジャパン〜スキルを身につけよう〜

2021年1月31日

ABOUTこの記事をかいた人

検索意図を満たすSEOライティングで記事を書いているライター。世の中が落ち着いたら、パソコン片手に旅に出る予定。とは言え、外国語わからんし、めちゃくちゃ方向音痴なので正直めっちゃ不安。でもやる。やりたいからやる。僕はそういう奴です。