iPhoneケースなし派?ケースあり派? あなたに合った選択肢を

あなたは、iPhoneのケースなし派ですか?ケースあり派ですか?

いや、どちらかわからない。

この記事を読みに来てくれたということは、どちらが良いのか迷っているのではないでしょうか?

両者のメリット・デメリットは表裏一体です。

結局、どちらがいいのか、決めるのはあなた次第です。

この記事では、iPhoneケースなし派のメリット、デメリットをいくつか挙げていきます。自分がどこに価値を置くのかを考えて読んでみてください。

最後まで読むと、どちらがあなたに最善の選択であるかがわかります。

https://pixabay.com/ja/photos/iphone-%e6%89%8b-%e7%94%bb%e9%9d%a2-410311/

ケースなし派のメリット

iPhoneの質感・デザインを最大限に活かせる

iPhoneは、ステンレススチールをはじめ特殊なガラスで作られているため、つやがあり、見た目に高級感があります。さらに、なめらかな手触りも特徴です。

最近では、カラーバリエーションも豊富です。

このように、ケースをつけなければ、iPhone独自の質感とデザインを最大限に楽しむことができます。

しかし、カバーをつけるとどうでしょうか?

背面は全て覆われ、美しい質感・デザインを隠してしまいます。

透明なケースもありますが、少なからず光沢感や質感は失います。

軽量・コンパクトになる

ケースをつけると、それだけ重さや体積が増えます。

軽量や薄型を謳ったケースはたくさん出回っています。

しかし、最軽量&できる限りコンパクトに持ち運びたいならば、ケースなしが最善策です。

熱がこもりにくく、劣化対策になる

iPhoneを長時間使うと、温度が上がり、熱が発生します。

特に、ゲームをやる人や動画を見る人は、iPhoneが熱くなってしまったという経験が多いのではないでしょうか?

熱は、iPhoneに大きな負荷を与え、バッテリーの寿命を縮めることにもつながります。

今のiPhoneを長く使いたいのであれば、熱対策は必須です。

ケースを使わないこと自体が、実は熱対策につながります。

なぜならば、ケースをつけることで、iPhoneに熱がこもりやすくなってしまうからです。

ケースをつけないことで、熱がこもりにくくなり、劣化対策につながります。

ケースなし派のデメリット

傷がつきやすい

ケースの一番のメリットはiPhoneを保護してくれることです。

つまり、ケースがないことの一番のデメリットが保護してくれるものがなく、傷がつきやすい点であると言えます。

傷がつきやすいというデメリットは、以下に述べるデメリットを連鎖的に引き起こします。

修理代が高くなる

iPhoneを落としてしまったとき、状況によっては致命的な破損につながります。

ケースがあれば軽傷または無傷で済むような状態であっても、ケースがないと取り返しのつかない破損につながる事があります。

ケースがないと、落とした時のリスクが高いのです。

致命的な破損をしてしまった場合、修理が必須になります。

修理代は機種によって異なりますが、画面の損傷の場合は約20,000円、その他の損傷の場合は約40,000円です。

しかし、リスクヘッジする方法はあります。

それは、「AppleCare+」に入ることです。

「AppleCare+」とは、2年以内の自然故障に対して無料で修理を受けることができるサービスのことです。

さらに、自然故障ではない故障(画面割れ、水没等)の修理代も安くなります。

具体的には、画面損傷の場合は約3,700円、その他の損傷の場合は約12,900円で修理可能です。

有料オプションではありますが、リスクヘッジのために加入をおすすめします。

ちなみに、無料オプションとして「AppleCare」がついております。

こちらは、1年以内の自然故障に対して無料で修理を受けることができるサービスです。

もしも、「1年で買い替える予定だ」という人は入らなくてもよいかもしれません。

しかし、自然故障でない故障の修理代は保証されないため、注意が必要です。

買い取り価格が下がる

iPhoneを買い替えるとき、今まで使ってきたiPhoneを下取りに出したり出品したりすることにより買い取ってもらうことが可能です。

買い取り価格は、iPhone本体の損傷によって変わります。

傷がなくきれいな状態であるほど高値で売ることができ、傷があり損傷が多いほど低値となります。

ケースをつけないと、傷がつきやすいため、買い取り価格が下がってしまうのです。

下取りに出したり、出品したりする予定のない人は気にしなくても良いかもしれませんが、予定があり、高値で買い取ってもらいたい人は保護ケースやフィルターなどを考えた方が良いです。

まとめ

今回紹介した、iPhoneをケースなしで使うことのメリット・デメリットは以下のようになります。

メリット
  • iPhoneの質感・デザインを最大限に活かせる
  • 軽量・コンパクトになる
  • 熱がこもりにくく、劣化対策になる
デメリット
  • 傷がつきやすい
  • 修理代が高くなる
  • 買い取り価格が下がる

iPhoneにケースをつけるか、つけないかのメリット・デメリットは表裏一体です。

今回は、ケースをつけない場合のメリット、デメリットを軸に紹介しました。

しかし、裏を返せば、ケースをつけない場合のメリットはつける場合のデメリット、ケースをつけない場合のデメリットは、ケースをつける場合のメリットになります。

もしも、あなたがiPhoneケースなし派のメリットに大きく価値を見出したならケースなし派、デメリットに大きく価値を見出したならケースあり派であるといえます。

あなたはどちらでしたか?

ケースなし派、あり派それぞれにメリット・デメリットがあります。

あなたの選択に少しでもお役に立てたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。