【徹底解説】仮想通貨デビットカードならFiatbitの「Hcard」で決まり!

Fiatbitの仮想通貨デビットカード「Hcard」について詳しく知りたい。Fiatbitの仮想通貨デビットカード「Hcard」には4つのメリットがあります。

この記事では、Fiatbitの仮想通貨デビットカード「Hcard」を使う4つのメリットについて解説していきます。もちろんデメリットや「Hcard」の使い方もきちんと解説しますよ。

この記事を読めば、「Hcard」の良さを知ることができるので、興味がある方は最後まで読んでみてください。

(トップ画像出典:https://images.pexels.com/photos/259200/pexels-photo-259200.jpeg?auto=compress&cs=tinysrgb&dpr=2&w=500)

Fiatbitとは?

出典:https://fiatbit.in/about-fiatbit/

まず、Fiatbitとは仮想通貨取引所の機能を持っているスマホアプリです。Fiatbitのアプリをインストールすることで仮想通貨の管理をすることができます。

Fiatbitで管理できる仮想通貨は5種類あり、それは以下の通りです。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • デザー(USDT)

Fiatbitは仮想通貨取引所としては特にすごい特徴があるというわけではありません。ただ、Fiatbitで購入できる「Hcard」というデビットカードが仮想通貨ユーザーの中で注目されています。

ここからは、注目されている「Hcard」について詳しく解説していきますね。

Fiatbitの仮想通貨デビットカード「Hcard」とは?

出典:https://fiatbit.in/hcard-detail/

Fiatbitで購入できる「Hcard」とは仮想通貨に対応したデビットカードのことです。

この「Hcard」は審査が必要ないので、手軽に利用することができます。「Hcard」の1番の魅力はやはり、仮想通貨に対応しているということです。

今までは、仮想通貨を所有していても利用できる場面は限られていました。しかし、この「Hcard」があれば、仮想通貨を利用できる場面がかなり増えます。

なので、仮想通貨を決済に使いたいという方にとってこれほど便利なデビットカードはなかなかありませんね。

Fiatbitの仮想通貨デビットカード「Hcard」のデメリット

ここからは、「Hcard」のデメリットについて解説していきますね。正直、デメリットは特にありませんが、強いて言うならデビットカードの発行に手数料がかかることです。

商品価格に送料なども含め、合計で35000円の手数料がかかりますが、入会金や年会費は無料です。

中には、デビットカードの発行手数料が安いものもあります。しかし、そのような場合は入会金や年会費が別途で発生するものが多いです。

なので、「Hcard」は最初に手数料はかかりますが、年会費などはかからないので、長い目で見ればお得かもしれません。

Fiatbitの仮想通貨デビットカード「Hcard」のメリットは4つ

次に、「Hcard」のメリットについて解説していきます。「Hcard」のメリットは主に4つで、以下の通りです。

  • ATMで仮想通貨を現金化できる
  • 多くの加盟店で利用できる
  • チャージ利用なので使いすぎる心配がない
  • 入会金、年会費無料

とはいっても、これだけだと「Hcard」のメリットが伝わりにくいと思います。なので、ここからは、この4つのメリットについてそれぞれ詳しく解説していきますね。

Fiatbitの仮想通貨デビットカード「Hcard」のメリット①

出典:https://fiatbit.in/

1つ目のメリットは、「ATMで仮想通貨を現地の法定通貨に換金できる」ことです。

Hcard」は世界中のATMで現地の法定通貨を即日で引き出しすることができます。ここでは、Hcardに対応している日本のATMを紹介していきますね。以下をご覧ください。

  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • セブン銀行
  • みずほ銀行
  • イオン銀行
  • ローソン銀行
  • E-net銀行
  • Bank Time

Hcardに対応しているATMは結構多いですね。なので、利便性はかなり高いと言えるでしょう。

Fiatbitの仮想通貨デビットカード「Hcard」のメリット②

出典:https://fiatbit.in/

2つ目のメリットは、「多くの加盟店で利用できる」ことです。

Hcard」は、世界シェアNo.1のクレジットカード会社の「マスターカード」と提携しており、世界5000万店舗以上の加盟店で利用可能です。

また、普段のお買い物やオンラインショッピング、海外旅行などで現地法定通貨の引き出しをすることができるのでとても便利です。

なので、仮想通貨を使って便利にお買い物をしたいなら「Hcard」で決まりですね。

Fiatbitの仮想通貨デビットカード「Hcard」のメリット③

出典:https://fiatbit.in/

3つ目のメリットは、「チャージ利用なので使いすぎる心配がない」ことです。

Hcard」はデビットカードなので、クレジットカードのように使いすぎる心配がありません。

通常、デビットカードはクレジットカードと違って、入金した分しか使えない仕組みです。なので、「Hcard」もチャージした分しか使えないようになっています。

Fiatbitの仮想通貨デビットカード「Hcard」のメリット④

出典:https://fiatbit.in/

4つ目のメリットは、「入会金、年会費無料」ということです。

一般的にデビットカードを利用すると、入会金や年会費が発生します。しかし、「Hcard」は入会金、年会費が完全に無料です。

ただ、先述したようにカードを発行するときに手数料や送料はかかります。それでも、長い目で見れば、年会費をずっと払っていくよりお得です。

なので、ずっと使っていくことを考えれば「Hcard」はかなりおすすめですよ。

Fiatbitの仮想通貨デビットカード「Hcard」に必須の連携アプリ

ここからは、「Hcard」を利用するときに必須の連携アプリの解説をしていきます。そのアプリは2つあり、以下の通りです。

  • Fiatbitアプリ
  • Hcardアプリ

これだけだと、よく分からないと思うので、この2つの役割をそれぞれ解説していきますね。

Fiatbitアプリ

出典:https://fiatbit.in/

Fiatbitアプリは仮想通貨取引所の機能を持っています。このアプリで行うことは主に3つです。

  • 仮想通貨の入出金
  • USDへの振り替え
  • 「Hcard」へのチャージ

Hcard」の購入もこのFiatbitアプリ内から審査不要で簡単に行えますよ。

Hcardアプリ

HcardアプリはFiatbitアプリで購入した「Hcard」のアクティベートを行うために必要なアプリです。

また、Fiatbitアプリで「Hcard」にチャージした金額や残高の確認、カード間の送金もできます。

つまり、Hcardアプリは簡単に言うと、「Hcard」の管理をするアプリですね。

Fiatbitの仮想通貨デビットカード「Hcard」 まとめ

この記事では、Fiatbitの仮想通貨デビットカード「Hcard」について解説してきました。もう一度メリットを以下にまとめておきますね。

  • ATMで仮想通貨を現金化できる
  • 多くの加盟店で利用できる
  • チャージ利用なので使いすぎる心配がない
  • 入会金、年会費無料

「Hcard」は仮想通貨に対応したデビットカードです。国内で、仮想通貨に対応していてここまでのメリットを持ったデビットカードはなかなかありません。

なので、「Hcard」は仮想通貨を保有している人にとってはかなりおすすめのデビットカードです。

仮想通貨をもっと便利に使いたいなら今すぐ「Hcard」に申し込むべきです。何もしないで後悔するより、まずは使ってみることが大事ですよ。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Webライター/ 小学生のから野球を始める/ 大学時代、神宮ベスト8/ 勝ちパターンのリリーフとして結果を残す/ 将来のことを考え、Webライティングとブログを始める/ ブログ開始10日でアドセンス収益3桁を達成