望まない異動で会社を辞めたい時に行動すべきこと3選

突然人事異動を命じられ、戸惑った経験はありますか?もしも自分の意思が尊重されない異動であった場合、どのように対処すればよいのでしょうか。

この記事では、「異動が辛くて会社を辞めたい」と悩んでいる人が行動すべきことを3つご紹介します。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E6%9C%A8-%E3%82%A2%E3%83%99%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC-%E9%9B%A2%E3%82%8C%E3%81%9F-%E8%87%AA%E7%84%B6-3092026/)

なぜ人事異動があるのか?

なぜ会社は人事異動を行うのでしょうか?会社により目的は異なりますが、主に人材育成と組織の発展のためと考えられます。

会社側は社員に色々な仕事を経験して視野を広げ、優秀な人材へと成長して欲しいと考えています。優秀な人材とは幅広い分野に精通し、高い仕事パフォーマンスで会社の売り上げや成長に貢献する人です。

一方で、社員の能力や適正に関係なく、人員補充のために異動を命じられる可能性もあります。会社は組織単位で動いているため、「社員ファースト」ではなく、あくまでも会社都合で人員配置が行われているのです。

望まない異動が起こる原因は、個々人の意思を尊重することなく、会社の都合で一方的に異動を命じられるからです。次項から、「異動が辛く、仕事を辞めたい」と追い詰められる要因を3つご紹介します。

「異動が辛くて会社を辞めたい」と思う要因①/人間関係

会社を辞めたいと思う要因の1つ目は、「人間関係」です。

部署が変われば一緒に働く人も変わりますので、人間関係を1から構築していく必要があります。すぐに新しい部署に溶け込める人なら良いのですが、なかなか馴染めず孤独を感じる人もいます。

忙しい部署へ異動になった場合、周りの先輩や上司は自分の仕事で精一杯で、新しく配属された人に構っている余裕がありません。自分の周りに気兼ねなく質問や相談ができる人がいない環境は、仕事に対するモチベーションを下げる原因になります。

「異動が辛くて会社を辞めたい」と思う要因②/仕事内容

会社を辞めたいと思う要因の2つ目は、「仕事内容」です。

興味や関心がない部署への異動になった場合、仕事のやる気を失う可能性があります。

会社は規模が大きいほど多くの部署がありますので、それだけ仕事内容も多種多様なはずです。異動前の部署のやり方は通じず、1から仕事を覚えていかなければいけませんので、心が折れそうになるかもしれません。

さらに、異動社員は新入社員とは違い、丁寧な教育指導はされず、「仕事はできて当り前」と考えられるはずです。そのため、「早く仕事を覚えなければいけない」というプレッシャーや焦りを感じて、精神的に追い詰められてしまう恐れがあります。

「異動が辛くて会社を辞めたい」と思う要因③/転勤を伴う異動

会社を辞めたいと思う要因の3つ目は、「転勤を伴う異動」です。

住居移動を伴う転勤の場合は、自分ひとりの問題ではなく、家族の生活にも大きな影響を与えます。もし、結婚して家族がいる場合、パートナーや子どもも新たな生活を構築しなければいけませんので、負担が大きくなります。

転勤先によっては、家族の帯同を禁止している会社も存在するのが現実です。家族と離れひとりでの転勤の場合、周りには自分を支えてくれる人がいないので、心細く不安になるはずです。

このように、望まない異動は会社員の生活にまで影響を及ぼし、今後の人生を左右すると言っても過言ではありません。

次項から、「異動が辛くて会社を辞めたい」と悩んでいる人が行動すべきことを3つご紹介します。

「異動が辛くて会社を辞めたい」時の行動①/上司に相談

異動が辛くて会社を辞めたい時に考えるべき行動の1つ目は、「上司に相談する」ことです。

ポイントは辞令が出てからなるべく早い段階で、「異動になって辛い」旨を正直に伝えましょう。

精神的に追い詰められている状態が長引くと、うつ病を患う恐れがありますので、要注意です。

私の実体験ですが、異動の辞令が出て、苦手なパワハラ上司の下へ配属となりました。

しかし、人間関係に問題を抱えたまま仕事をする環境は耐え難いと思い、素直に部長に気持ちを伝えることにしたのです。結果、本来の配属先とは違うチームへの異動となり、悩みの種を解決することができました。

会社の状況によって対応は異なりますが、ストレスを抱え、悩んで潰れてしまう前に、先ずは上司に相談をしてみましょう。

 「異動が辛くて会社を辞めたい」時の行動②/本気で仕事と向き合う

異動が辛くて会社を辞めたい時に考えるべき行動の2つ目は、「本気で仕事と向き合う」です。

異動が辛く、会社を辞めたくなっても、実際には辞められない状況の人も多くいるでしょう。家族を養っている、会社を辞めたら生活ができないなど経済的な事情や不安があるのが現実です。

現状辞めることができないのであれば、異動を受け入れ、新しい部署で腹をくくって本気で仕事と向き合うしかありません。最初は辛いと思っていた異動も、自分を成長させる良い機会だと割り切って取り組んでみると、新たな道が開けるはずです。

「異動が辛くて会社を辞めたい」時の行動③/転職

異動が辛くて会社を辞めたい時に考えるべき行動の3つ目は、「転職」です。

異動先で新しい仕事に挑戦したものの、人間関係ややりたくない仕事に「これ以上耐えられない」と限界がくる可能性も大いにあります。会社に見切りをつけたのなら、「転職」をするのが最善の道となります。

転職活動を始めてみると、今の会社以外にも生きる道があるのだと実感するはずです。世の中には数多くの会社が存在するので、今の会社よりも自分に合う条件の会社を見つけることができるでしょう。転職は逃げではなく、自分の人生を好転させる手段だと捉えるべきです。

転職するなら絶対に登録すべき!おすすめの転職サイトランキング

2020年8月3日

まとめ

いかがでしたでしょうか?「異動が辛くて会社を辞めたい」と悩んでいる人が行動すべきことを3つご紹介してきました。

精神的に追い詰められているのなら、先ず上司に相談をしてみましょう。もしかすると会社側が解決策を考えてくれるかもしれません。

それでも環境が変わらない場合、経済的な理由ですぐに会社を辞められないのであれば、割り切って本気で仕事に取り組んでみましょう。新たな気付きや道が開けてくるはずです。

会社に見切りがついたのなら、転職をしてみましょう。外の世界を知り、自分の可能性を広げるきっかけになります。辛い感情を放置してしまうと現状は変わりませんので、勇気を出して一歩行動してみるのです。

行動をした結果、未来は少しでも良い方向に変えられはずです。いずれの選択肢においても、「自分軸」で考えるようにしましょう。他人の目を気にするのではなく、自分の心の声に耳を傾け、自分にとって最善な方法を選びましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

Hurimu

フリーランスとして活動しているHurimuです! 現在は1.5円ライター、ブログ運営、ライティングスクール事業をメインに活動しております! 相談、ご依頼希望の方は気軽にご連絡ください! Skype:fc0592154579cfa Gmail:7kanto777@gmail.com