【学生必見】知っておきたい、勉強中に飲むと効果のある飲み物

 

今この記事を読もうか悩んでいるあなた、読んで必ず損はありません。

また、この記事が気になっているということは、今現在学問に励んでいる方かと思われます。

そんなあなたの為にこの記事を書きました。是非とも参考にしていただき、是非実践してみてください。

 

飲み物の効果

まず、ここでは勉強中に飲み物が与える効果についてご紹介していきます。

飲み物によって様々な効果があります。まずはそれを知ることから始めましょう。

それを知ることで、いつどんなタイミングで何を飲めばよいかが分かってきます。

効果①水分補給

まず基本となる効果は、言うまでもありませんが水分補給です。

水分が不足していると脳の働きはどんどんと低下していきます。脳の働きが低下するということは、記憶力や思考能力が落ちてしまうということです。

これでは勉強になりません。当たり前ではありますが、のどが渇いたなと思ったらしっかりと水分をとりましょう。

しかし、ここで問題なのが、人間はのどの渇きになかなか気づかないということ。

これは意識していてもなかなか難しい問題で、人間がのどが乾いたと脳で感じるタイミングは、体内の水分量が2%以上低下してからだという調べがでています。一定時間ごとに意識的に飲み物を飲むように心がけましょう。

理想としては、1200mlを一日8回に分けて摂取しましょう。

効果②栄養補給

次に栄養補給ですが、これらは甘い飲み物から摂取しましょう。

例えば、ココア、カフェオレ、フルーツジュース、エナジードリンクなどです。

ここで大切な栄養素として挙げられるのが、まずブドウ糖です。

ブドウ糖は、記憶力、文章理解力などを向上させてくれます。

しかし、このブドウ糖だけではあまり意味がありません。ここで重要になってくるのがビタミンBです。

ビタミンBがブドウ糖をエネルギーに変換してくれるのです。

これは食物からとっていく必要があります。

ビタミンB1は、のり、豚肉、大豆、たらこなど、ビタミンB6は、海苔、魚類、鶏肉、ゴマなどがあります。

飲み物と一緒に夜食などでこれらの食物を摂取することで、記憶力をアップさせる効果があるのです。

 

効果③集中力、やる気向上

次に、集中力ややる気といったとても大事な効果も飲み物から得ることができます。

ここで注目したいのがカフェインです。カフェインには眠気覚まし、集中力向上などといった効果があります。カフェインが含まれてている飲み物として代表的なのがコーヒーです。その他にも、お茶、エナジードリンクなどといったものにもカフェインが含まれています。

勉強中におすすめの飲み物

それでは、飲み物が与えてくれる効果が分かったところで、実際にどんな飲み物がおすすめなのかお話していきます。

コーヒー

コーヒーには先ほどお話ししたように、カフェインが含まれていますので、集中力の向上や眠気覚ましといった効果が期待できることは言うまでもありません。

ココア

コーヒーとは正反対でリラックス効果が期待できる飲み物です。

テオブロミンという成分が含まれており、この成分がリラックス効果やストレス緩和といった効果を与えてくれます。

ココアにはポリフェノール、テオブロミンといった成分が含まれており、これらの成分によって、脳への血流量が増えるという現象が起きます。それによって脳の働きが向上して集中力が上がってきます。

また、ココアに含まれるカカオポリフェノールという成分は、脳を育てると言われています。

バナナスムージー

バナナは糖分が豊富です。また、エネルギー効率がいいことからとても重宝されます。

バナナにはさまざまな成分が含まれており、即効性のある成分もあれば、持久力のある成分も含まれているので、長時間にわたって効果が期待できるというのもありがたい点です。

より効果を実感するためには、ビタミン成分やココア、カカオなどを混ぜるのが効果的です。このように、簡単にプラスアルファの効果を生みだせるのもスムージーの良い点といえます。

エナジードリンク

商品にもよりますが、エナジードリンクには糖分、ビタミンB1、B6、カフェイン、タウリンなどが基本的に含まれており、脳のエネルギーとなる成分が豊富です。

眠気覚まし、疲労回復、持久力など、あらゆる効果が実感できます。

ミネラルウォーター

シンプルに水分補給がしたいのであればミネラルウォーターが一番効率的です。

同時にミネラルも補給できます。また、スポーツドリンクであれば塩分も補給できるのでおすすめです。

似たものでいえば、炭酸水もおすすめです。水分補給と同時に爽快感があり頭の中がすっきりします。 

勉強中に飲んではいけない飲み物

最後に補足として、勉強中に飲んではいけない、というか飲みすぎてはいけない飲み物をご紹介していきます。

コーヒー

コーヒーにはカフェインが含まれています。

人間が1日に摂取していいカフェインの量は300~400mgと言われています。マグカップ2,3杯分です。その程度にしておきましょう。

また、飲む時間帯も大事です。カフェインの効果は約5~8時間持続します。寝たい時間から逆算して飲むことをおすすめします。

コーヒーと同時に、こまめに水を飲むこともおすすめします。

牛乳

牛乳は眠くなるといわれています。

これから勉強に集中したいというときに眠気が襲ってきてしまっては本末転倒です。こちらも時間に気を付けながら飲みましょう。

エナジードリンク

こちらのデメリットとしては、糖分が大量に含まれているという点と、カフェイン中毒に注意しなければいけないという点です。

量さえ気を付ければ非常に効果的な飲み物です。

勉強中におすすめの飲み物まとめ

今回取り上げた記事の内容をまとめると以下のようになります。

 

・水分補給、栄養補給、集中力向上など、飲み物にはいろいろな効果がある

・コーヒー、ココア、バナナスムージー、エナジードリンク、ミネラルウォーターがおすすめ

・デメリットのある飲み物もあるので、飲む量やタイミングには注意

ここまでお話ししたとおり、飲み物には様々な効果があります。

 

種類や飲むタイミングを工夫して、より効果的に摂取することをおすすめします。

今一度、あなたが勉強中に飲んでいる飲み物を思い浮かべてみてください。見直せる点があるのであれば、今すぐにでもコンビニで購入してみてください。

あなたの勉強効率がグンと上がることでしょう。期待しています。