間違った食事制限がストレスに。無理のない長続きするダイエットを

ダイエットをしようと思いついたとき、痩せるための方法として、食事制限や運動があります。運動が苦手な人や、運動する時間がない、場所がないという人にとっては、食事制限ははじめやすいダイエット方法です。

ただ、極端な食事制限といった、我慢をしなければならないやり方では、続けていくうちにストレスが溜まっていき、だんだんと辛くなっていきますよね。

次第にダイエットを始めたときの痩せたい気持ちよりも、辛い食事制限をやめたい気持ちの方が勝ってしまい、ダイエットをやめてしまうことにもなりかねません。

極端な食事制限は、ストレスが溜まるだけでなく、栄養が偏るなど、体にも悪影響を与えてしまいます。

今、食事制限ダイエットを頑張っている、または、これから始めようと思っているあなた、無理のない食事制限で長続きするダイエットをしませんか。

この記事では、無理な食事制限が体に与える悪影響、無理なく続けられる食事制限のコツ、ダイエット中のストレス解消法などを紹介していきますので、ぜひ、最後までご覧ください。

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E8%83%83-%E8%85%B9-%E4%BD%93%E9%87%8D%E3%81%8C%E6%B8%9B%E3%82%8B-%E9%87%8D%E9%87%8F%E3%81%AE%E6%90%8D%E5%A4%B1-2437890/

ダイエットが続かないのは、極端な食事制限のストレスのせい?

1日2食や1回の食事量を減らす、特定の食べ物しか食べない、逆に、極端な炭水化物抜きダイエットのような、特定のものを食べないようにする食事制限は、食べたいという欲求を我慢しなければなりません。

だんだんと空腹や我慢によりストレスが溜まっていってしまいます。溜まったストレスのせいで、ついドカ食いをしてしまったという経験がある方もいるのではないでしょうか。

すると、今度は食事制限中なのに制限を守れなかった自分を責めてしまい、それがまた新たなストレスを生むことにもなります。ついには、その辛さからダイエットをあきらめてしまうことになることも。

ダイエットは無理な目標設定をせずに、長く続けることが大切です。ストレスを溜めないように、継続出来るやり方で取り組んでいきましょう。

極端な食事制限は痩せにくい体の原因に

1日の食事の回数を減らす、1回の食べる量を減らすなどといった極端なカロリー制限をすると、体が飢餓状態であると錯覚を起こしてしまうのです。

すると、体はエネルギーをなるべく消費しない、痩せにくい体になってしまいます。また、カロリー制限により、エネルギーが足りなくなると、体は筋肉を分解することによって、エネルギーを作り出します。

筋肉量が減ることにより基礎代謝量も減り、ダイエットがしづらい体になるのです。

長続きする食事制限ダイエットのコツ

これから食事制限を継続するためのコツを4つ紹介していきます。

1つ目は、食べ物をひと口入れた後、よく噛んで食べることです。たくさん噛むことにより、食欲をおさえる効果のあるレプチンというホルモンが分泌されます。それにより、満腹感を得ることができ、食欲が抑制される効果が期待できるのです。

2つ目は、バランスの良い食事の中に意識して食物繊維を取り入れるというもの。

食物繊維が多く含まれる食品は、ごぼうやれんこんといったような噛む回数が増えるものも多く、満腹感を得ることが出来、食べすぎを防げます。また、食物繊維は腸内環境を整える効果があるため、痩せやすい体質になることが出来るのです。

3つ目は、自分が無理なく達成出来そうな目標設定にするということをおすすめします。早く結果を出したいという思いから、つい目標設定を高めにしてしまうこともあるのではないでしょうか。

しかし、目標設定を高くしすぎると自分を追い詰めてしまうことになりますし、思うように結果が出ないと食事制限を続けるのがイヤになってしまいます。

ダイエットを継続することを目標に、達成出来そうな数字を目標に設定しましょう。

4つ目は、少しならお菓子を食べてもいいというルールにすることです。おすすめなのが、お菓子を食べるときは誰かとシェアして食べるというもの。

例えば、ダイエット中だから今日は半分だけ食べる、1日何個までと決めると、我慢をしなければならなくなります。そこで、お菓子を食べるときは誰かと分けて食べると自然に食べる量を減らすことが出来るのです。

ダイエット中のストレス対策

ダイエット中、体だけでなく心も健康に保つため、まずは、体重にこだわりすぎないことが大切です。体重は、起床後、食事前、食事後、入浴後など、1日のなかでも変動するものです。

頑張っているのに体重が減らない、逆に増えてしまったとなると、落ち込んでしまったり、ストレスが溜まったりして続かなくなってしまいます。思うように体重が減らなくても、そういうこともあると落ち込みすぎないようにしましょう。

ウォーキングなどといった軽い運動をすることもストレス解消に効果的です。

まとめ 自分を追いつめすぎない、ストレスフリーなダイエットを

この記事では、無理な食事制限が体に与える悪影響、無理なく続けられる食事制限のコツ、ダイエット中のストレス解消法について解説してきました。

ストレスを溜めない食事制限ダイエットのポイントをまとめます。

  • よく噛んで食べる。
  • 食事に食物繊維を取り入れる。
  • お菓子をちょっとなら食べてもいいことにする。
  • 体重にこだわりすぎない。
  • ウォーキングをする。

ぜひ、よく噛んで食べるなど、すぐに出来そうなことから、始めてみてください、そしてダイエットの継続を目指しましょう。