テキパキ仕事をこなす人の特徴と仕事ができる人になる方法3選

「もっとテキパキと仕事をしなさい!」このような言葉を言われて、
「そんなこと言われてもどうすればいいのか分からないよ…」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

また、周りの人と自分を比べて「私ってなんでこんなに仕事ができないのだろう」と落ち込んでいる人も少なくないはずです。

この記事では、「テキパキ仕事をこなすってどういうこと?」「仕事ができるようになるには具体的にどうすればいいの?」といった疑問について解説しています。ぜひ最後まで読んで、明日からの仕事に活かしてください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%90%E3%82%A4-%E6%A5%B5%E7%AB%AF%E3%81%AA-%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84-2803800/)

テキパキ仕事をこなす人の特徴

テキパキ仕事をこなす人を観察していると、たくさんの共通点が見えてきます。その中でも特に重要な10の共通点をご紹介します。

1完璧主義ではなく、ある程度割り切って仕事をしている
2とにかく行動する
3人に頼れる
4ミスをしたらすぐに謝る
5要領がいい
6ポジティブで愚痴を言わない
7いつでもどこでもメモを取る
8身だしなみがきちんとしている、机上が整理整頓されている
9余裕がある
10仕事の内容や、仕事でやっていることが好き、仕事を楽しんでいる

これらの特徴は今すぐにでもできるほど再現性が高いものばかりですので、できることから真似をしていきましょう。

そもそもテキパキ仕事をこなすとはどういうことか

そもそも、「テキパキ仕事をこなす」とはどういうことなのでしょうか。

辞書的な意味は「テキパキ=迅速に処理するさま。」であり、仕事を迅速に処理するということは、仕事をスマートにやり遂げるということです。

仕事をスマートにこなせる人はたいてい大人の余裕がありますので、テキパキ仕事をこなすということは、余裕をもってスマートに仕事をやり遂げるということなのです。

作業時間をぐっと縮めて効率化すれば、今よりもっとスマートに仕事をやり遂げられるようになります。

テキパキ仕事をこなす人とそうでない人の違い

仕事をテキパキこなしたいけれど、うまくいかずに悩んでいる人は多いです。実は、「テキパキ仕事をこなす人」と「そうでない人」にはある違いがあります。その違いとは一体何なのでしょうか。

それは特別に秀でた才能や生まれ持ったセンスなどではなく、仕事や作業の進め方にあり、誰にでも後天的に変えることができます。

つまり仕事や作業の進め方を変えれば、仕事のこなし方も変わってくるということです。

テキパキ仕事をこなす人=「仕事ができる人」

世の中にはテキパキ仕事をこなす人=「仕事ができる人」といったイメージがあり、逆に仕事がテキパキできない人=「仕事ができない人」という評価をされることもあります。

どちらかと言えば、誰しもが「仕事ができる人」になりたいものです。

ではどのようにすれば、スマートに効率よく仕事をやり遂げる「仕事ができる人」になれるのでしょうか。ここから、3つの『テキパキ仕事をこなして「仕事ができる人」になる方法』をご紹介します。

テキパキ仕事をこなして「仕事ができる人」になる方法1 ゴールを決めて計画を立てる

仕事にはたいがい締め切りがあるもので、締め切りを守り余裕をもって仕事を進められる人は「仕事ができる人」です。

1日、1週間単位でもゴールを決めて、計画を立てましょう。

ゴールを決めるためには、仕事の優先度と自分の状況を踏まえて目標を明確にし、常に全体像を把握しておくことが重要です。

仕事ができる人は「次にすべきことは何か」を全て把握できているため、余裕をもって仕事を進めることができるのです。

まず仕事の全体像を把握してゴールを決めること、そしてそれをもとに計画を立てること、を実行すれば余裕をもって業務を進めることができ、テキパキ仕事をこなす「仕事ができる人」に一歩近づけます。

テキパキ仕事をこなして「仕事ができる人」になる方法2 とにかく行動する

世の中には4種類の人がいて、それは「考えて行動する人」「考えずに行動する人」「考えて行動しない人」「考えずに行動しない人」です。

このうちより成長スピードが早い人、すなわち仕事をよりテキパキこなせるようになる人は、
「考えて行動する人」か「考えずに行動する人」です。

今「仕事ができる人」も、もちろん最初からできていたわけではなく、自分なりに試行錯誤しながら成長してきたのです。

ですので、とにかく行動して経験を積み、成長していきましょう。

行動したら失敗から成功へのルートを導き出すことが大事で、試行錯誤を繰り返すことにより自分の中の正解を見つけることができます。

とにかく行動しましょう。そして試行錯誤を繰り返して、成長スピードを早めましょう。

テキパキ仕事をこなして「仕事ができる人」になる方法3 優先順位をつける

仕事には予想外の出来事がつきものです。予想外の出来事が起きたとき、優先度のつけ方がうまくいっていると余裕をもって対応でき、迷うことなく仕事ができます。

迷いなく仕事をこなせるから、いつでもスムーズにテキパキと仕事ができるのです。優先順位の低いものは割り切って捨てて、とにかく仕事を効率化しましょう。

優先順位をつけるときに大切なのは「重要度」と「納期までの緊急度」を考えることで、まず最初に優先度の高い仕事を決めて、終わらせる時間を決めると良いです。それを基準に、他の業務を進めることになります。

なぜあなたはテキパキ仕事がしたいのか

ここで、そもそもあなたはなぜテキパキ仕事ができるようになりたいのかを考えてみましょう。

理由は人それぞれで、「テキパキ仕事をしなさいと上司から言われたから」「仕事ができる人に憧れを抱いているから」などがあります。

そこでもう少しその理由を深堀りしていくと、
「テキパキ仕事をしなさいと上司に言われたから」なら、「上司に認められたい」「職場内での評価をあげたい」という理由の方が多いです。

「仕事ができる人に憧れを抱いているから」なら、「自分も誰かの憧れになりたい」「仕事がバリバリできるようになってモテたい」という理由が出てきます。

理由を深掘りすることで「なぜテキパキ仕事をこなせるようになりたいのか」がはっきりとしてきます。

こうして考えていけば多くの人が、「仕事の充実度をあげたい」つまり「人生の充実度をあげたい」というところに行き着くのではないでしょうか。

「テキパキ仕事ができない自分」がダメなわけではなくて、「自分の人生の充実度をあげる」ことに意味があり、テキパキ仕事をこなすことはそのための手段にすぎないのです。

仕事ができない自分、を否定して落ち込みすぎる必要はありません。本当に大切なことは、「テキパキ仕事がこなせるようになってどういう自分でありたいのか、まで考えること」です。

仕事がテキパキできすぎる人にはならなくてもオッケー

人生の充実度をあげるために、まず自分の生き方や目標、人生設計を明確化しましょう。

人生において仕事や私生活を充実させるために、仕事の効率化や意識改善を少しずつ進めていけば良いのです。

自分の生き方や目標を改めて考えてみると、自分が本当は何がしたいのか、どうありたいのか、が見えてきます。

人生の充実度をあげることが目標ならば、自分に向いている仕事、好きな仕事など、心からやりたいことをやるべきです。

今仕事がうまくいかないからといって、自分を過度に責める必要はありません。あなたの輝ける場所が必ずあります。

今の職場でテキパキ仕事ができるように頑張るのも良いですが、本当につらくなった時は、人生プランを見直してみるのも良いでしょう。

まとめ

この記事では、「テキパキ仕事をこなすってどういうこと?」「仕事ができるようになるにはどうすればいいの?」といった疑問について解説しました。

テキパキ仕事をこなすということは、余裕を持ってスマートに仕事をやり遂げるということです。
スマートに仕事をやり遂げるためには、作業を効率化することが必要となります。

また、「仕事ができる人」になるには、ゴールを決めて計画を立てること、とにかく行動すること、優先順位を決めることが大切です。

しかし仕事がテキパキこなせないからといって落ち込みすぎる必要はありません。

「テキパキ仕事ができない自分がダメ」という考えではなく、「自分の人生の充実度をあげるために」仕事の進め方を考えてみましょう。今回解説した内容を参考にして、ぜひ明日からの仕事に活かしてください。

会社を気楽に辞めたい方必見!おすすめの退職代行サービス一覧

2020年6月16日

転職するなら絶対に登録すべき!おすすめの転職サイトランキング

2020年8月3日

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスとして活動しているHurimuです! 現在は1.5円ライター、ブログ運営、ライティングスクール事業をメインに活動しております! 相談、ご依頼希望の方は気軽にご連絡ください! Skype:fc0592154579cfa Gmail:7kanto777@gmail.com