職場で人間関係で孤立してしまう原因7つと、解決方法

職場で人間関係がうまくいかず孤立してしまった「あなた」へ向けた文章です。

「職場で孤立してしまう」「人間関係がうまくいかない」といった事には必ず原因があります。

ここでは、職場で孤立してしまう原因と、解決していくための方法をセットでご紹介します。

この記事を読み終わった頃には、「自分がこれからどう行動すれば良いのか」「この先どのように行動を変えていけばいいのか」が間違いなく明確になっているでしょう。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E7%94%B7-%E9%9C%A7-%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88-%E4%BA%BA-%E6%B0%B4-1292269/)

職場の人間関係で孤立してしまう原因は主に7つ

職場で孤立してしまう原因は、主に7つあります。

・職場でのコミュニケーション不足による人間関係の悪化
・職場で挨拶をしていないと孤立する
・空気を読めないと孤立する
・職場の人間関係で何度かトラブルを起こしてしまった
・愚痴や文句が多いと距離を置かれ孤立する
・職場で人間関係がうまくいかず孤立している、と思い込んでいる
・どうしても合わない人間関係

以上の7つです。確実に対処する必要があります。そうすることで「職場で孤立してしまう」ということは無くなるでしょう。

それでは、詳しく1つずつ解説していきます。

職場でのコミュニケーション不足による人間関係の悪化

職場でのコミュニケーション不足による人間関係の悪化は、多くの社会人が抱えている問題です。この問題は、業務連絡や雑談を、普段から笑顔で行うことで解決することができます。

なぜなら、人間には、笑顔な人を見ることで安心感を得たり、好意を抱いたりする、といった性質があるからです。

もちろん、全ての人に効果があるワケではないですが、実践することによって周りの人からの印象は間違いなく、格段に良くなります。

その結果、向こうから声をかけてくれることも増えるので、コミュニケーションをとる機会が少しずつ増えていきます。

このように、コミュニケーションをとる機会が増えていけば、コミュニケーション不足を解決していけるというわけです。

職場で挨拶をしていないと孤立する

挨拶をしない、という行為は「相手の方に悪い印象を与えている可能性が高い」です。なので、職場の中で孤立してしまうことがあります。

挨拶をしていない人は、自分から挨拶をしましょう。そうすることで、この問題は解決できます。

なぜなら、挨拶をする、という行為は社会人としてのマナーであると共に、「あなたと仲良くしたい」「あなたとコミュニケーションをとりたい」という心の表れでもあるからです。

さらに、挨拶から雑談に切り込むことでコミュニケーション不足の解決につなげることもでき、一石二鳥です。

空気を読めないと孤立する

空気を読めない人は、仲間外れにされてしまう可能性が高いです。特に同調圧力の強い日本では、この傾向が高く、なんとなく肌で感じている方も多いでしょう。

この問題は、「自分の発言や行動を客観的に見て改善する」ことで解決できます。

自分が空気を読んだ行動ができているか自覚できていない場合は、まず自覚するところからです。

例えば、みんなで集まっているのに自分の話ばかりしたり、相手の話に割り込んでしまったりしていませんか?

そのような行為は、相手の気分を損ねてしまう可能性があります。「みんなで話してるんだから、あなたの話ばかりするなよ」「今は私が話してるんだから空気読めよ」と思われている可能性もあります。

そこでやるべき改善が、相手の話を黙って最後まで聞くことです。

このように、まず自覚ができたら、その次は改善に移れます。

少しずつ修正していくと改善されていきますので、根気よく続けましょう。

職場の人間関係で何度かトラブルを起こしてしまった

職場の人間関係で何度かトラブルを起こしてしまうと、孤立してしまうことがあります。そうなってしまった場合は、少しずつ信用を取り戻していくしかありません。

なぜなら、失ってしまった信用は、取り戻すまでに相当な時間が必要になるからです。一気に取り戻せる可能性はほぼゼロです。日々少しずつ取り戻していく必要があります。

そのためにやるべき行動は、今まで以上に頑張ったり、成果を出したりすることです。その姿を見てくれている人が必ずるので、諦めずに信用を取り戻しましょう。

愚痴や文句が多い人

愚痴や文句が多い人は、「相手の人を不快に思わせている」可能性が高いです。相手の人は不快な思いをしたくないので、自然と離れていってしまいます。

なので、愚痴や文句を言ってしまっている人は、なるべく愚痴や文句は言わないようにしましょう。そうすることで、離れていく人が減るので孤立する可能性が低くなります。

あなたは、ずっと愚痴聞いていると疲れませんか?

これを見て「ドキッ」とした人は、明日からすぐにやめましょう。

職場で人間関係がうまくいかず孤立している、と思いこんでいる

職場で人間関係がうまく行かず孤立している、と思い込でしまっているパターンです。相手の人は「あなたの思い込み」の気持ちを感じ取っているかもしれません。となると、相手の人に悪い印象を与えてしまっているので改善する必要があります。

この場合は、なぜ、そう思っているのか理由を明確にすることで解決できます。

なぜなら、思い込みなのか、事実なのかが分からないと先に進めないからです。理由が明確になれば、ただの思い込みなのか、解決すべきことがあるのか分かります。

どうしても合わない人間関係

どうしても合わない人間関係というのは必ずあります。あなたが悪いワケではありません。嫌がらせや、イジメをする人は必ず一定数いるので仕方のないことです。

その場合は思い切って転職を考えてみても良いでしょう。

なぜなら、その職場に長期間いると、ストレスで自分自身が壊れてしまうからです。職場は他にもたくさんあるので心配しなくても大丈夫です。

「どうしても合わない」「人間関係を良好にできない」と判断したら転職を考えてみましょう。

最後に

ここまで、職場で孤立してしまう理由と、解決方法を紹介してきました。明日からでもすぐに行動に移せるものばかりです。

特に多くの人が抱えているであろう問題に重点をおいて紹介してきましたので、救われる人が多いと嬉しいです。

少し話はそれますが、人生は長いです。人生は仕事だけではないので、ストレスで再起不能にならないよう無理なくやりましょう。

これからの人生でどう行動すれば良いのか、そのヒントなれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスとして活動しているHurimuです! 現在は1.5円ライター、ブログ運営、ライティングスクール事業をメインに活動しております! 相談、ご依頼希望の方は気軽にご連絡ください! Skype:fc0592154579cfa Gmail:7kanto777@gmail.com