一匹狼タイプに向いてる8つの仕事や特徴

あなたは一人でいることが好きでしょうか。
好きだと答えた方は一匹狼タイプかもしれません。

一匹狼タイプの特徴にはメリット・デメリットがあります。
集団生活が苦手な一匹狼タイプには、向いてる仕事と向いていない仕事があります。

今回はそんな一匹狼タイプの特徴や、仕事についてご紹介しますので、自分や周りの人に当てはまるか参考にしてみてください。

一匹狼タイプに向いてる仕事8選

一匹狼タイプの人に向いている仕事はどんな仕事でしょうか。
それは、最初から最後まで一人で完結することができる仕事です。

なるべく他人とコミュニケーションを取らずに、自分の責任の範囲内で一人でできる仕事。そういった仕事が一匹狼タイプの人に向いています。

具体的に向いてる職業が下記になります。

・プログラマー
・芸術家、音楽家、小説家などのクリエイター
・農業、酪農農家
・クリーニング店などの1人受付
・トラックの運転手
・郵便配達やポスティング
・デイトレーダー
・在宅ワーク

農業や酪農農家はそれなりに大きな土地が必要になってくるので、ハードルが高いかもしれません。他にも、芸術家などのクリエイターやデイトレーダーはセンスや才能が必要になるのでちょっと敷居が高いです。

上記の紹介した職業の中でも特におすすめなのは、プログラマーです。
努力次第で独学での習得も可能ですし、IT系の職種は在宅ワークができる企業が多くあり、研修からすべてリモートで完結できる企業もあります。

さらに在宅ワークという働き方は、コロナの影響もあって積極的に取り入れ始めた企業が増えています。
自宅にいれば人と直接関わることはありません。チャットやWEBカメラを使用してコミュニケーションを取る場合もありますが、自分の周りにはいません。

今の仕事が人と会わずにできる仕事なら、在宅ワークにできるチャンスです。まだ導入されていない企業に務めている場合は、ぜひ提案してみましょう。

一匹狼タイプに向いていない仕事

次は反対に一匹狼タイプに向いていない仕事を紹介します。一匹狼タイプの人は、職場の人と頻繁にコミュニケーションを取るような仕事は向いていません。「チームワーク第一!!」を謳っているような仕事は向いていないでしょう。
もちろん、お客様とのコミュニケーションが大事な仕事も向いていません。

具体的に向いていない仕事が下記になります。

・接客を伴う飲食店の店員
・学校の先生
・営業
・企画・プランニングをする仕事
・社内SE
・事務

一匹狼タイプの人は、コミュニケーションを大事にしている職場は向いていません。「自分でできることは全部自分でやる」という傾向にあるので、人に仕事を任せるのが苦手です。チームメンバーのサポートをすることも苦手です。
職場の人と綿密に話し合って決めなければいけないような「企画・プランニング」をする仕事は向かないでしょう。

接客業も向きません。学校の先生や保育士など、人とふれあって過ごすような仕事も向いていないです。

事務は黙々と作業をするので問題ないように感じますが、会社内の人とコミュニケーションを取るケースが多くあります。気が利く事務の方は重宝されますよね。
周りの困った事に気づくのが苦手な一匹狼の方は向いていません。

一匹狼タイプの仕事での特徴

一匹狼タイプの人は、職人気質です。そのため、その道のスペシャリストな人が多く、プライドも高い傾向にあります。「自分の仕事は自分でなんとかしよう」という傾向が強く、分からないことも自分で調べてしまうタイプです。

仕事のオン・オフがしっかりしているのも一匹狼タイプの特徴です。仕事は黙々とこなしますが、定時には帰ります。仕事は時間内に終わらせようとするので、生産性は高いです。プライベートの時間に仕事を持ち込むことを嫌います。
職場での飲み会や休日のお誘いは全て断る、なんてことも珍しくありません。職場の人とは、仕事以外では極力関わらないようにする傾向があります。

自分の意見を大事にしているので、周りの意見に左右されません。嫌なことは断ることができます。きちんと理由を説明し断ることができるので、周りからは信用されています。しかし、自分の時間を削ってまで周りの人の手伝いをするタイプではないので、チームワークの面では頼りにされにくいかもしれません。

一匹狼タイプはフリーランスが向いている

一匹狼タイプの人は、人と関わることがあまり好きではないので、複数人で群れることはせず、一人でいることが好きで一人の時間を大事にしています。

そんな一人の時間を大事にする一匹狼の人は、働き方としてフリーランスが向いています。
フリーランスになると煩わしい事務処理なども全て一人でこなさなければいけませんが、稼げるようになれば事務処理は外注すればやる必要がありません。一人が好きな一匹狼タイプの人にはピッタリです。

フリーランスは仕事を自分で取ってこなければいけません。そこで職種によっては営業が必要であったり、お客様とのコミュニケーションが必要になる場合もあります。仕事を取ることさえできれば、後は一人で黙々と仕事に打ち込むことができますが、フリーランスになる前に、営業スキルを身につけておくといいかもしれませんね。

自分に合う職種を見つけたら早めに独立し、フリーランスになる道を選ぶのが一匹狼の気性に合っているでしょう。

一匹狼タイプのメリット【強み】

仕事の特徴でもいくつかあげましたが、一匹狼タイプの人のメリットを5つご紹介します。

・職人気質で誇りをもっている
・自己完結できる
・自分の意見を持っている
・理由をつけて断ることができる
・仕事とプライベートの区別がはっきりとしている

個の力を大切にしていて、それでいて職人気質。自分の意見はハッキリ言うことができます。一匹狼タイプの強みはそのまま仕事で役立ちそうなものばかりです。周りに流されない一匹狼タイプは、周りの人からも信用されやすいです。

協調性を身につけることができれば、理想のプロフェッショナルになれるでしょう。

一匹狼タイプのデメリット【弱み】

一匹狼タイプの人のデメリットを4つご紹介します。

・コミュニケーションを取ることが苦手
・協調性がない
・個人行動が多くチームワークを活用できない
・自信過剰

協調性がなく、コミュニケーションを円滑に取ることが苦手です。個人で行動できることは強みですが、それだけではチームワークを活用することはできません。
個の力よりも組織の力が必要な場面はあります。そんな時に苦労しそうですね。

自分でなんでも完結させてしまう傾向にあるので、困ったことがあっても周りの人が気が付きにくいです。自分からコミュニケーションを取らないので、周りからのサポートを受けにくいです。

そして自信過剰の傾向があります。自分に自信があることは強みにもなりますが、自信が過剰になり過ぎてプライドも高くなり、周りを見下した態度を取らないように気をつけなければいけません。

一匹狼タイプ診断

あなたが一匹狼タイプであるか診断します。自分が下記に当てはまるかどうかチェックしてみましょう。

1.お昼休みは自分のデスクで一人で過ごすのが好きだ
2.人に任せるよりも自分でやった方が早い
3.流行には全く興味がない
4.大勢での会話に入るのは苦手
5.自分のペースを乱されるのが嫌い
6.嫌なものは嫌だ

どうでしたか?何個当てはまりましたか?
当てはまった数が3個以上あれば、あなたは一匹狼タイプです。
当てはまった数が多いほど、一匹狼の傾向が強いです。

集団生活にうまくなじむための行動

すぐにフリーランスや独立できる人ばかりではありません。一匹狼でも会社の中で生きていかねばならないこともあります。そんな集団生活の中でうまくなじむための行動を紹介します。

・挨拶をする
・自分と同じような考えを持った人を探す
・集団の中で自分の役割を見つける

まずは挨拶が肝心です。挨拶だけは特にしっかりしましょう。挨拶ができないと人間関係が始まりません。笑顔で明るめのトーンで挨拶ができれば最高です。

また、集団の中の全員と仲良くしてうまくなじむのは、とても難しいですよね。そこで、まずは集団の中から一人、自分と同じような考えや価値観を持った人を探すところから始めてみましょう。今まで無関心だった他人にも興味を持てば、気の合う人が見つかるかもしれません。

そして、集団の中で自分の役割を見つけてみましょう。なんでもいいので、なにか一つでも役割を探してみます。集団の中で役に立ったと認識されれば、集団生活にうまくなじめますよ。

終わりに

一匹狼タイプの人は、コミュニケーションが必要な場面や集団に入るのは苦手ですが、個人プレイになるととても強いです。

自分の意見をはっきり言うことができるので、周りから信用されやすく、
周りに流されることなく、自分の意見を貫き通す生き方はある種の才能です。
自分を大事にして、仕事にもその強みを活かして下さい。