「育てる」カシミヤのマフラー!?カシミヤの長所とこの冬絶対買うべきマフラーを紹介!

寒さが厳しくなっている今日この頃。マフラーの出番も増えていることでしょう。皆さんはカシミヤをご存じでしょうか?

高級素材として知られなんとなく敬遠しがちなカシミヤですが、ただ高そうという理由だけで敬遠してしまうのは非常にもったいない!

今回はカシミヤがどのような素材でどのような長所があるのか。そして、

(引用元:https://factelier.com/contents/detail.php?product_id=13145)

そもそも「カシミヤ」とは?

カシミヤは中央アジア周辺、中国やモンゴルなどの地域に生息するカシミヤ山羊から採れる繊維で、ごわごわとした毛の下に生える非常に柔らかい産毛を原料としています。

カシミヤ山羊の産毛は厳しい寒さと暑さの寒暖差に適応するためのもので、人の手がないと採集することはできません。生え替わる時期に櫛で梳くなどして、手間をかけて集めているんです。

肌触りが良く、保温性と保湿性の高いカシミヤは“繊維の宝石”と呼ばれています。1頭から採れる量はわずか170g前後とかなり少ないというのもカシミヤが希少だと言われる理由なんです。

カシミヤはココがすごい!カシミヤのいいところ5つを紹介!

高級ながら人気のあるカシミヤ。いったいなぜこんなにも多くの人に愛されてきたのでしょうか?羊毛やポリエステルなど他の繊維を寄せ付けないその長所を5つ、ご紹介します。

肌触りがしなやかで、敏感肌の人でも安心!

カシミヤの特徴は繊維が細いことです。カシミヤ繊維の平均直径は、14~16マイクロン。普通の羊毛の19~24マイクロンに比べて細いため、しなやかな肌触りを感じることができるのです。

繊維が細く、羊毛と違いチクチクと皮膚を刺激しないため、首元を覆うマフラーなどに利用されやすいのです。敏感肌の方でも着用しやすいのがカシミヤ繊維でできた製品なのです。

生地が伸びやすくて、丈夫!

カシミヤ繊維は羊毛に比べて伸縮率がなんと40%以上もあり、良く伸びるんです!この特性が生地のしなやかさとなって感じられます。繊維の強さはほぼ同じですので、耐久性もありますよ!

毛玉ができにくく、物持ちがいい!

同じ糸を使っても編みや織りの密度が少ない方が柔らかく感じます。適正な密度を保ち、編み立てられたカシミヤ製品は摩耗にも強く、表面の毛羽立ちやピリング(毛玉)も起こりにくい、風合いのよいカシミヤ製品になります。

保温性が高く、暖かい!

カシミヤの特徴は保温性が非常に高いこと。それは、カシミヤの繊維が非常に細いことに秘密があるんです。前述の通り、羊毛は約20マイクロン前後なのに比べてカシミヤは約14~16マイクロン。どちらもただの繊維に見えても、太さで一本一本比較しますと、その差は歴然なんですね。

繊維が細ければ細いほど多くの繊維で束ねられた糸に仕上がります。そんな糸で作られたぎゅっと詰まった密度の高いカシミヤだからこそ、高い保温性を持っているわけですね!

光沢感があり、美しい!

繊維は表面がでこぼこしていると、光が乱反射することによって光沢は無くなります。逆に表面がフラットであればあるほど、光は綺麗に反射して光沢感がでます。

カシミヤ繊維を観察すると、繊維表面は鱗状のキューティクルで覆われていることがわかります。羊毛など大抵の柔毛繊維は細かく複雑な構造をしているのに比べ、カシミヤ繊維は獣毛繊維の中でも特に綺麗な形状を保持しているんです。

カシミヤ特有の高級感ある光沢は繊維一本一本が作り出していた芸術そのものなんですね!

この冬の相棒に「育てるカシミヤマフラー」を選びませんか?

カシミヤがいかに素敵で優れているかがわかった今こそ、カシミヤをあなたの相棒にして、その良さを心ゆくまで体感すべきでしょう!高級なものだからこそ大切に長く使ってほしい。そんなあなたにおすすめするのが「育てるカシミヤマフラー」です

カシミヤは、繊維の細さと長さ、そして異物の混入率によって、1〜9までの等級がつけられます。その最も希少な1等級のホワイトカシミヤを、ほぼ一頭分の130gも使用しているんです。

カシミヤ特有の暖かさと肌触り、そして高級感のあるつやのある見た目はもちろんのこと、軽さもばっちりです。そして、特筆するすべきはカシミヤなら持っている当たり前の性能だけではありません。

このマフラーの一番の魅力は、「使っていくうちに味が出てくること」。写真手前のグレーのマフラーは編み上がったばかりの1年目。そして写真左手のネイビーのマフラーはなんと10年目。

つやのある見た目から、上質なフェルト生地のようなふっくらした表情に変化しているのがわかりますね!まさに、使えば使うだけあなたになじんでいく「育てる」マフラーなのです。

単色カラーは15色の中からえらぶことができます。さらにストライプや、バイカラーなど様々な柄があり、自分に合う色がきっとあるはずです。上品な色合いが素敵な“シャモア”は男女共に人気があります。表情を明るく見せてくれるビビッドな“フーシャピンク”は特に女性に人気があります。

また、タイミングが限られますがオーダーによる製作も受け付けています。10年目のマフラーのように長く愛せるあなたにぴったりのマフラーを見つけてくださいね!

おわりに

今回はカシミヤのマフラーの特徴と良さ、そしておすすめ商品である「育てるカシミヤマフラー」を紹介しました。これから厳しさを増す冬を暖かくおしゃれに彩るカシミヤのマフラーで乗り切ってくださいね!

まずは下のリンクから、商品についてしっかりと見てみましょう!

制作会社「Factlie(ファクトリエ)」の販売会社の商品紹介ページはこちら!

育てるカシミヤマフラーの商品ページはこちら!