仕事には潮時がある。そのサインを見逃さず自分を守るには

仕事は人生の中でも大きなウェイトを占めています。
働かなければお金を稼ぐことができず、殆どの社会保障を受けることもかないません。
しかし、大きなウェイトを占めているからこそ、多くの人が現状に対して疑問を抱き、よりよい仕事と環境を求めるのです。
そして、何事にも「潮時」というものは存在しますが、それは現職を継続するか否か、という大きな判断の材料にもなるでしょう。
では、潮時とされるのはどのような場合なのか。
そのタイミングやサインにどうすれば気付けるのでしょうか。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%82%A4-%E8%AA%BF%E6%95%B4-%E8%AA%BF%E6%95%B4%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99-%E7%94%B7-690084/)
## 仕事に対して潮時だと感じるのは大きく分けて2パターン
仕事に対して潮時だと感じるのは、大まかに分けて二つのパターンがあります。
勤めている会社そのものに対して、何かしらの不満や不安があるパターン。
もうひとつが精神的な負担を強く感じているパターンです。
どちらのパターンも最初は些細なことですが、積み重なっていくことで、自分の仕事に対して情熱を失ったり、出勤そのものが辛くなったりと仕事をする上での悪影響が出てきます。
これから提示する例に心当たりがあるのであれば、あなたの仕事はそろそろ潮時でしょう。

## 会社からの評価に対する不満は潮時のサイン
給与、昇進、配属。
これらの要素は仕事に対する大きなモチベーションになります。しかし、蔑ろにされていると感じた場合はどうでしょうか。
一転して「自分が正当に評価されていない」「同期はすでに昇進しているのに」「望んだ仕事ができない」と感じて仕事に対する情熱を失い、モチベーションもパフォーマンスも低下します。
これらのことを上司とも相談し、キャリアアップのために努力していたのであれば尚更です。
あなたを正当に評価してくれる企業を探す潮時です。

## スキルアップなど成長が見込めない仕事
どのような職種であっても個人のスキルアップは非常に重要です。
特にIT関連での技術進歩は目覚しく、そういった職種に就いている方々にとってスキルアップはキャリア形成において必須ともいえるほど重要です。
しかし、同じようなプロジェクトしか任されず、日々繰り返すだけの作業では、どうしても成長速度は落ちるものです。
個人の勉強と日々の業務の兼ね合いは難しく、後押ししてくれる企業の制度や勉強会などがなければ、プライベートの時間を食い潰すことになるでしょう。
そうこうする内にスキルが古くなり、あなたの市場価値が失われてしまいます。そうなる前こそ仕事の潮時です。

## 将来性が薄く見通しの甘い会社は潮時
企業体質という根本的な部分で不安を感じるのであれば、その仕事は潮時です。
会社の業績低迷だけでなく、業界そのものが停滞している可能性もあるでしょう。
終身雇用などといった前時代的な思想はすでに廃れ、名立たる大企業も倒産を回避するための大規模なリストラを始めとした改革を行っています。
そういった潮流に乗り遅れ、昔と変わらない業務を繰り返しているようでは市場淘汰されるのは目に見えています。
また、昨今取り沙汰されているブラック企業はコンプライアンスの面でも信頼性に欠け、あなたを使い潰すだけの環境です。
このような兆候を見逃さず、潮時と感じ行動すべきでしょう。

## 精神的負担による疲弊のサインは仕事の潮時のサインと同義
心は目に見えません。
そのため気づかないうちに疲弊し、傷ついているということも往々にしてあるのです。
しかもそれらは本人にも自覚が難しい場合もあり、鬱などの症状が出てから周囲に指摘される形で知ることも少なくありません。
心が疲弊した時には感情の面でサインが出ている場合も多く、それらを知ることであなた自身を守ることにも繋がります。
感情が麻痺してしまい、取り返しがつかない状態になる前に潮時のサインを察知し、行動を起こせるようにすることが大切です。

## 仕事以外でも憂鬱な気持ちが持続する
失敗などで一時的に憂鬱な気持ちになることは誰にでもあり得ます。
問題なのは、その状態が継続している場合です。
仕事をしているときだけでなく、帰宅してからも、休日を過ごしていても憂鬱な思いが消えず、悲しい気持ちになってしまうのは非常に危険です。
そんな状態は明らかに心が疲れ果て、その仕事が潮時だというサインが現れているのです。
その状態の改善が現職で望めないのであれば、転職を検討する必要があるでしょう。

## 明確な潮時のサインは通勤時の感情に現れる
通勤というのは、誰しも憂鬱なものです。満員電車に揺られ、マイカー通勤であれば渋滞に悩まされるでしょう。
しかし、通勤するというだけで涙が止まらなくなるなど、感情が処理できなくなっているのは明らかなサインです。
それはあなたの心がストレスの許容量を超え、感情が決壊している状態なのです。
このような状態になったのであれば、明らかにあなたにとってその仕事は潮時です。休暇を取り、心をゆっくりと癒すための時間が必要でしょう。

自己肯定感が極端に下がっている場合も注意が必要

自分に価値を見出せず、自罰的になっている状態は健全な精神状態とはいえません。
ある程度の自己愛と自己肯定感は、仕事の効率を上げ成果に繋がるだけでなく、プライベートの充実に繋がります。その充実感が仕事への情熱やスキルアップなどへの関心に変わっていくのです。
そういったプラスのスパイラルを作れず、心が完全に疲弊している状態では自己肯定感が極端に下がってしまいます。
そのような状態にあなたを追い詰める仕事は、もう潮時です。あなた自身のため環境を変え、休息を得ることをおすすめします。

潮時を感じ取り、転職をチャンスとする

業界そのものが衰退し、事業が傾いている企業。
正当な評価をされず、成長も望めない仕事。
肉体だけでなく、精神をも蝕むような負担を強いるような職場。
こういった事柄はリスクであり、そのような職場ではあなたのパフォーマンスを活かし、正当な評価を得ることは非常に難しいはずです。それどころか、あなたのかけがえのない人生すら壊してしまう危険性があります。
そういったリスクがありながら、転職をためらう人が多くいます。
なぜなら、そのような人たちは転職をリスクとして捉えているからです。
しかし、転職をすることは自分を活かせる仕事を得るチャンスなのです。
潮時だと感じたときは、その仕事を辞めるタイミングです。現在の仕事から、自分を活かし活躍できる仕事へと転職するチャンスだと考え、行動を起こすことをおすすめします。