20代フリーター男が彼女をつくり、結婚をするのに必要なこと

 

「今はフリーターだけど彼女がほしい・・・」
「定職に就いていないと結婚できないのかな・・・」

フリーターのままだとそんな不安がいつまでもつきまといますよね。

今回はフリーター男性の恋愛・結婚についてご紹介していきます。今後の選択の仕方では結婚も視野に入る可能性がありますので、現在彼女がいない方はぜひ参考にしてみてください!

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E5%BE%92%E6%AD%A9-%E5%BD%BC%E3%81%A8%E5%BD%BC%E5%A5%B3-2-%E5%B9%B8%E3%81%9B%E3%81%A7%E3%81%99-5255536/)

フリーター男性は恋愛対象外なのか

結論からお話ししますと、フリーターの方でも彼女を作ることは可能です。しかし、男性と女性は恋愛の価値観が違うため気をつけなければならないことが複数あります。

女性の恋愛観

・女性は現実的に物事を考える
・将来的にどういう生活になるかを無意識に考える
・恋愛と結婚は別物で、好きという感情だけで結婚を意識することは少ない

女性は経済的に2人で生活するのであれば共働きで生活も可能と考えておりますが、子供を育てるとなると共働き生活では暮らせないと考えがちです。そのためフリーター男性と結婚することで子供を諦めることを想像する女性も少なくありません。

一応、フリーターの男性でも恋愛対象になり得ますが、結婚をしようとは思いません。

結婚相談所
大手の結婚相談所はフリーターというだけで入会できない決まりがあります。
また、街コンも年収や退職者と規定があるところが多いのが現状です。

20代 女性
先日フリーターの方に告白をされました。
早く結婚し家庭を作ることを考えていたため、
その方のことは興味がありますが将来が見えません。
どうしたらいいでしょうか。
元彼は大手企業で役職があったため、
両親に紹介するのも不安です。

じゃあ付き合うことも難しいのか!!!!
となると思います。

フリーター男性が彼女をつくる

フリーターは職場を複数経験できるため、人間関係が広くなります。友人づてで紹介してもらことも多いのではないでしょうか。

h3友人に紹介してもらいましょう。h3
紹介されない、と嘆く方は・・・
友人に自分が異性を紹介してほしいと伝えているでしょうか。
異性を紹介して欲しいと思っていても伝わらないので自分から発信し、友人に異性を探していると伝えるとベストです。

物事は全てgive and takeです。自分に女友達を紹介することで紹介した側にも見返りがあれば紹介してくれますよね。
これはそんなに難しいことではなく、ビール1杯おごるよ、何でも一つ言うこと聞くよ、など簡単なことで問題ありません。

h3友人に紹介された女性とは1対1では会わないh3
紹介された女性と付き合えるかを考える人が多いようです。ですが、紹介された女性から輪を広げていく必要があります。

なぜなら、彼女を作る確率がグッと上がるからです。

話が得意な方は1対1でもよいですが、苦手で次のデートに行きつかない場合は、1回のデートで終了してしまいます。

そのため、飲み会では5対5など1人から4人を誘ってもらい、人脈を増やしていき、そこで全員と交友関係を作り、また友達を紹介してもらえれば自分を受け入れてくれる子に出会える確率は上がりますよね。

そうやって人脈を広げていくことが彼女を作る近道です。

フリーター男性が付き合うための方法

㈰フリーターである理由を語る
㈪将来的になりたいものがある
㈫期限を決めている

こういったものがあれば女性も納得します。
若いうちはですが!
夢があり頑張っている姿は惹かれる要素です。
大いに宣言してお付き合いに進めてほしいです。

芸人でも売れていない時代に付き合って、
数十年後に結婚した方はいますよね。
まさにこの夢に向かって頑張っている姿に惹かれた
例だと思います。

ただ、多くの女性の場合は『付き合う』と『結婚』は
別物ですので、そこだけ用心をしてください。

フリーター男性でも結婚できるチャンスはあるのか?

フリーター男性でも結婚のチャンスはありますが、そのためには彼女のために自分が変わったり彼女が自分を受け入れてくれる覚悟が必要です。

h3自分を変えれるかh3
女性は周囲の反応に敏感で噂好きです。
多くの女性は『収入』『職業』『役職』『生活状況』などを気にします。
そしてそれを話のネタにします。
地域によっては肩身が狭くなることだってあるでしょう。そんなときに自分を変えることができるかがポイントです。

経済的な不安
結婚する、となったときも未だに将来が不安定のままでは多くの女性は結婚に踏み出しません。
お金の運用計画を立てるときも結婚、出産での予算計算をします。
それだけ女性にとっては大事なイベント(結婚、出産、育児)とお金を関連して考えています。

フリーター男性が就職をするのにベストなタイミング

これらのことを踏まえ、結婚のプロポーズをする前には就職をするのがベストなタイミングです。
より良いのは誰かと結婚願望があるときに就職するのがいいでしょう。

女性から見れば、結婚も考えられている人とお付き合いできることは安心感があります。そして真剣度も伝わります。
その上、自分のために就職を決めたと聞いたら行動で伝わるので尚のこと結婚の意識が上がります。

就職すれば収入も安定しますし、結婚もできる可能性があるので、結婚願望のある方にとってはメリットばかりです。

フリーター男の末路

今は20代で独身だから自由なフリーターがいいと思うかもしれません。
しかし、現実的にフリーターを続けた人がどういう状況に陥るのかを確認する必要があります。

20代のうちは同年代と比較しても収入的に変わりはないかもしれません。
ただ、年齢を重ねると徐々に収入が変わってきます。

出典:厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000105821.pdf

そして結婚や親の介護というイベントがフリーターという立場で一番後悔したそうです。

吉田さん(仮名) 50代 接客業
私は20代の頃からフリーターです。
最初は就職をし正社員として勤めていましたが、いつまで同じ仕事を
続けるのかと考え退職をしました。
転職もしましたが経営状態が悪くなり自主退職という形で転職先も退職することになりました。
結婚はしたかったのですが、30代半ばで一人で生きると決めました。
親も高齢になり介護をする心配がでてきたためです。
結婚をしていたら親も喜び、孫も見せられたのかな、と思うときも多いです。

現在は接客業をしつつ、警備のアルバイトもしています。動けるうちに貯金をしておきたいと考えたからです。
奥さんがいれば二人で介護を補うことや、自分たちの暮らしも
協力できるのに、30代半ばで諦めたのは早計でした。

もっと自分と同じ境遇の人はどうなるのかを確認しておくべきだと今でも後悔しています。
私は現在もフリーターをしています。

吉田さんは今でもフリーターでいることを後悔していることが伺えます。吉田さんのように結婚したくてもできない、将来後悔しないためにもフリーター生活は20代脱出すべきなのです。

フリーターは20代で脱出する

フリーターは29歳までには就職したほうがいいです。

30代は正社員になるのが難しくなる
現在は求人の採用が多くあります。
でもそれは20代〜30代前半に限られており、肉体的にも精神的にも健康である可能性が高いからです。

しかし、30代に入ると狭い職種や正社員募集の求人数も減っているのが現状です。
付け加え、就職面接のときには20代を採用する企業が断然多くなっています。
能力の伸びしろも採用基準に考えられるため、20代はフリーターの期間が短いわけですから納得です。

ただ、フリーターから正社員になると今までのような働き方ではなくなります。正社員になったとしてもいいことばかりではありません。

正社員の生活リズムに戻すのが難しい
正社員になると今までのように自由に過ごす時間は短縮されます。
時間やストレスなく自由に過ごしてきた期間が長いほど、強く束縛を感じることも事実です。

正社員は8時間〜9時間程度、指示された業務をこなす必要があり、責任を取らされることもあります。
また、やらされるだけでなく自ら主体的に動く機会も多いです。

筆者は休職をしていたことがあります。
やはり長い休職期間を経ると復帰後の業務は辛いです・・・
職場に着いた瞬間に家に帰りたくなりました。

フリーターから正社員になるのは辛いこともありますが、彼女を作って結婚するためには必要なのことです。

彼女ができなくてもいいからフリーターがいい

就職できなかったからフリーターなのに・・・
人間関係が合わずに会社員が合わないと思いフリーターを選択した・・・

彼女が欲しいという願望があっても特別な理由がありフリーターを続けている人も多いと思います。

この問題をそのままにして就職をするとまた同じ問題でつまずくことになりかねません。

以前お話した方が、人間関係が嫌で転職をせずフリーターをしている、と話していました。
理由は上司に嫌がらせをされたから、ということでした。
自分だけお土産のお菓子をもらえないということが続いたそうです。

ただ、社員全員がその行為をしていたわけではなく、上司1人の行動でした。
周りの同僚が何も言わずに見ているだけなのも嫌だったと話していましたが、そのことを同僚や別の上司に伝えていなかったそうです。

結局その方うつ病になってしまい、現在も復職できていません。

部署を異動させてもらう、ひとまず休職させてもらうなど距離をとる対応もできたはずです。しかし、彼女は誰にも相談せず自分だけ解決しようとしてまったため、最悪結末となってしまいました。

現在はハラスメントも法制化されたりと、従業員の立場も整備されてきています。辛いことがあるのなら周りに相談することが1番の解決策なのです。

まとめ

いかがでしょうか?
20代はフリーターでも問題ないようですが、歳を重ねるにつれ将来的に不安定になってきます。
結婚したいと考えている人であればまずは就職し、恋人としても選択肢に入ることが先決かもしれませんね。
そのときは焦らずに不安要素を深く考えてみてください。