内定先の評判が悪い、そんな時の対応は?

「内定先の評判が悪い、そんな時の対応は?」

多くのES(エントリーシート)や面接、グループディスカッションなどを乗り越え、やっとの思いで手にした内定。
しかし後から、内定先の悪い評判を聞いて不安になってしまう経験をした方は少なくないはずです。

今回は、そんな経験を今まさにしている方へ向けた記事です。

「内定先の評判が悪いけど、この情報はどこまで信じていいの?」
「信じられる情報ってなに?」
「悪い評判を聞いて内定を辞退したいけどどうしたらいいの?」

このような、みなさまの不安解消のお手伝いになればと思います。

内定先の悪い評判を知ってしまったら
内定先の評判を調べるとき
内定先の評判が悪い~現役社員の口コミ編~
内定先の評判が悪い~退職者の口コミ編~
内定先の評判が悪い~SNSの口コミ編~
内定先の評判が悪い~内定辞退は問題ない?~
内定辞退のルールとは?
内定辞退の注意点
最後に

内定先の悪い評判を知ってしまったら

内定先の評判が悪いといっても、その内容はさまざまです。
まずは、その評判が自分にとって当てはまるのかを確かめる必要があります。

例えば、私が出会ってきた悪い評判にはこのようなものがありました。

「社員同士のコミュニケーションが少ない。」
「年功序列でなかなか仕事内容が評価されにくい。」

といったものです。
たしかに、これを不満に感じる方がいることは事実です。

しかし、
「コミュニケーションはそれほど取りたくない。」
「徐々に年収が上がるならそれでいい。」

といった方にとっては、決して悪い評判ではなくなります。
このように、内定先の悪い評判を知ってしまったら、まずはその評判が自分に当てはまるのかを確かめるようにしましょう。

内定先の評判を調べるとき

昨今のインターネット社会では、インターネットを介してたくさんの情報であふれています。
その中で必要になるのが、情報を精査する力です。

内定先の評判が悪いことを知った時、あらゆる手段でその情報が確かなのかを調べることになるかと思います。
この時に、「どの情報を信じていいのかわからない。」ということになっては、不安は増していくばかりになってしまいます。

ですのでここからは、会社に現役で勤めている方、以前勤めていてやめた方、各種SNSなどから仕入れる情報をどのように扱っていくのかを説明していきます。

内定先の評判が悪い~現役社員の口コミ編~

はじめに、現役で勤めている社員の評価についてです。

現役社員の口コミを知るには、SNSの活用も可能ですが、OpenWorkという口コミサイトがよく知られています。

https://www.vorkers.com/

こちらでは、会社の評判を社員の口コミにより、待遇面や風通しなどのさまざまな面から知ることができます。
まさに会社の今を知る人の評価を知ることができることが特徴です。

信頼性は高いといえますが、評価が更新された日付には注意する必要があります。

頻繁に更新されている会社だと、古い情報しかないといったことはあまりないですが、会社によってはかなり古い情報ばかりの場合もあります。

今の会社の情報を知りたい場合は、なるべく新しいものに目を通すようにしましょう。

内定先の評判が悪い~退職者の口コミ編~

つづいては、以前にその会社に勤めており、すでに退職された方の評価についてです。

こちらも先ほど紹介した、OpenWorkなどで調べることが可能です。

退職した理由や、会社の改善してほしいことが書かれていることが特徴としてあります。
退職者の口コミにポジティブな意見が多いと安心材料にもなりますが、不満を持った意見というのも多く見られます。

評価が高い、低いだけで判断するのではなく、それぞれの内容と更新日にしっかり目を通してください。
特に、すでに退職されている方の評価は過去のものであることが多くなります。

きちんと現役と退職者の両方をみて、最新の情報を得るように心がけましょう。

内定先の評判が悪い~SNSの口コミ編~

現在もっとも情報を仕入れやすいのは、TwitterやInstagramなどのSNSではないでしょうか。
たくさんの情報が仕入れられる反面、まったく関係のない憶測が飛び交うことも頻繁にあります。
どの情報にもいえることですが、より情報の精査が必要になってきます。

ただ、SNSには大きなメリットがあります。
それは発信者と受け手との距離感の近さです。

もし自分が勤める予定の会社に勤めていた経験のある人を見つけることができれば、直接質問することもできます。

そのようなSNSのメリットを生かした利用ができると、一気に信用できる情報になります。

内定先の評判が悪い~内定辞退は問題ない?~

ここまで調べても悪い評判が目立ち、内定を辞退したい。

「でも、そんな理由で辞退できるの?」
「内定の辞退で訴えられたりしない?」
というような不安や、

「内定辞退に理由は必要なのか。」
「内定辞退で損害賠償を請求される可能性はないのか。」
という疑問を私も抱いたことがありました。

結論から言うと、ルールさえ守っていれば基本的には問題ありません。

そのルールやポイントをこれから説明していきます。

内定辞退のルールとは?

内定辞退にはルールがあるということは、先ほどもお伝えしましたが、大切なのがこの2点です。

(1).原則2週間前までに申し出る
(2).辞退の理由は問われない

というのが、基本的なルールです。

2週間前にまでに申し出ていれば、もし会社側に拒否されても、申し出から2週間後に会社との契約は終了します。

ですので、いかなる理由においても2週間前に申し出をし、円満に辞退できるようにしましょう。

内定辞退の注意点

内定辞退をする際の注意点についても触れておきます。

内定辞退の方法にはくれぐれも気を付けてください。

直接会社にいって伝える、電話で伝えるというのがマナーですが、文書なども用いて形に残すようにしておくことで、後から問題に発展することを防ぐことができます。

また、2週間前を切ってからの申し出になると、損害賠償を求められる可能性がありますので十分に気を付けてください。

ここでの2週間前とは、働きはじめる予定の日からの2週間前です。

辞退を決めたらはやめに申し出た方が、会社にとっても次の動きが取りやすくなりますし、本人にとっても早くスッキリすることができるので、辞退を申し出るタイミングには気をつけて行動してください。

最後に

今回は、内定先の評判が悪かった時の判断方法や対処方法について説明いたしました。

内定先に対する悪い評判を耳にしても、すべてを鵜呑みにするのではなく、どの情報源をもとにして判断するのかを明確にし、自分に当てはまるのかを冷静な視点から考えるようにしましょう。

また、無理に就職するのではなく内定辞退を含めて、なにがあっても対応できるように準備しましょう!
[1]

________________
[1]https://www.vorkers.com/
https://news.mynavi.jp/article/20150518-muno29/