死ぬまでに一度は見てみたい世界の絶景5選!

世界にはたくさんの「絶景」と言われる場所がいくつか存在します。そこにしかない自然現象や、歴史的な建築物など、見ると感動すること間違いなしです。

今回はその中でも特に人気が高く、圧倒的な絶景を見られる場所を厳選して5カ所、紹介します。

世界の果てまで行って絶景を一度は見てみたい方、どこに行くべきか迷っている方はぜひこの記事を読んで旅行の参考にしてみてくださいね。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E5%86%AC-%E5%AD%A3%E7%AF%80-%E9%9B%AA%E5%B1%B1-%E7%99%BB%E5%B1%B1-%E6%97%A5%E6%9C%AC-4012939/)

死ぬまでに一度は見てみたい世界の絶景① ウユニ塩湖

https://unsplash.com/photos/Ud2Q0hhM3_I

世界の絶景を紹介するときに絶対に除外することができないのが、南米ボリビアにある「ウユニ塩湖」です。

「天国に一番近い場所」と言われているウユニ塩湖は、ボリビア西部の町、ウユニから車で1時間ほどのところにある、周囲をアンデス山脈に囲まれた塩の大地で、標高はおよそ3,700mと、富士山の山頂とほぼ同じ高さに位置します。

広さでいうと岐阜県と変わらない広大な面積一面が塩でできた湖となっており、雨季には地面が鏡のように反射し、幻想的な風景を映し出します。

日本からウユニ塩湖に行くには、一般的には飛行機を二回乗り継いで行きます。日本→ロサンゼルス→ボリビア・ラパス→ウユニ塩湖という経路になっていて、だいたい40時間くらいかかります。

死ぬまでに一度は見てみたい世界の絶景② マチュピチュ

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%9E%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%94%E3%83%81%E3%83%A5-%E5%B1%B1-%E5%8D%97%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB-1031173/

マチュピチュは15世紀に繁栄したインカ帝国の遺跡で、南米のペルーにある世界遺産です。

インカ帝国は16世紀にスペイン人による征服によって滅ぼされてしまいました。アンデス文明は文字を持たなかったために、インカ帝国がなぜマチュピチュを作ったかなどの謎はいまだに解明されていません。

現代の科学技術をもってしても、巨石の建築技術や麓から水をもってくる手法を再現することは不可能で、今でも研究が進んでいます。

そんなマチュピチュは標高が2,430mあり、行くときに高山病を発症する人も少なくありません。なので、移動する際には体調管理に細心の注意を払ってくださいね。

長時間の旅路を乗り越えた先にあるこの絶景を見れば、疲れも吹き飛ぶことでしょう。ぜひ行ってみてくださいね。

死ぬまでに一度は見てみたい世界の絶景③ グランドキャニオン

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%83%B3-%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB-1235221/

グランドキャニオンはアメリカ合衆国アリゾナ州にある世界遺産で、世界最大級の峡谷です。グランドキャニオンはコロラド川による長年の侵食によってできました。

グランドキャニオンへはラスベガスからのツアーや、ロサンゼルスから行くことができます。個人手配でも行くことはできますが、ツアーでの参加の方が体力的に楽なのでオススメですよ。

またラスベガスからのツアーには、グランドキャニオンを上空から遊覧できるヘリコプターの遊覧ツアーもやっているので興味がある方はぜひ参加してみてください。

無限に広がる赤みがかったグランドキャニオンは一度見たら忘れられないほどの絶景です。最高の思い出をグランドキャニオンで作ってみてくださいね。

死ぬまでに一度は見てみたい世界の絶景④ モンサンミッシェル

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%AB-%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9-4865163/

モンサンミッシェルはフランス北西部にあるお城で、行ってみたい世界遺産ランキングでたびたび1位になるほど日本人に人気の名所です。

サン・マロ湾情に位置するモンサンミッシェルは周りを海に囲まれており、満潮時刻には幻想的な風景になります。

フランスの首都、パリからも日帰りで行けるほどの距離なので、パリ観光のついでに行くこともできます。

一番オススメの行き方は高速列車のTGV(日本でいう新幹線)に乗って最寄駅のレンヌ駅まで行きます。そこからモンサンミッシェルまで行くバスに乗る方法です。

ツアーを使わなくても、フランス語が分からなくても安心して行くことができるので、初めて行くという方にはオススメです。

モンサンミッシェルに行くのにオススメの季節は夏です。夏は太陽がのぼっている時間が長いので、夜遅くまで観光を楽しむことができます。

逆に冬は暗くなるのが早いので、夕暮れ時の幻想的なモンサンミッシェルを見ることができます。ぜひ行ってみてくださいね。

死ぬまでに一度は見てみたい世界の絶景⑤ カナダのイエローナイフ

https://pixabay.com/ja/photos/%E5%8C%97%E6%A5%B5%E3%81%AE%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%A9-%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%84-1066594/

「イエローナイフ」という名前を聞いたことがある方はいますか?イエローナイフとはカナダの北部でみられるオーロラ現象のことを指します。

オーロラは、オーロラベルトと呼ばれる地球上の特定の地域でしか見ることができません。地球上だと、カナダや北欧の地域がオーロラベルトの中に該当します。

なぜこのイエローナイフが人気なのかというと、それは高い「遭遇率」にあります。

イエローナイフは、3日間で95%という高確率で観測することができるのです。そのため、旅行者の方にも大変人気が高いのです。ぜひ行ってみてくださいね。

まとめ

ここまで、死ぬまでに一回は見てみたい世界の絶景を厳選して紹介しました。

世界にはこんなにも美しい絶景があることがわかっていただけたかと思います。

そこにたどり着くのに時間がかかる場所もありますが、行けば感動すること間違いなしなのでぜひ行ってみてくださいね。