仕事でミスばかりをしてしまう…。失敗しても落ち込まず改善策を考えよう!

皆さんは、仕事が辛いと思ったことはありますか?きっと誰もが一度は仕事が辛いと感じた経験はあるかと思います。

転職支援サイトBIZ QUESTによると、社会人100人に調査をした結果、「仕事が辛い」と感じた瞬間は以下の通りとなっております。

1 上司との人間関係が悪い
2 自己嫌悪から立ち直れない
3 仕事のミスが多い
4 劣悪な職場環境
5 仕事量が多すぎて処理しきれない
6 悩みを相談できる人がいない
7 職場の人間関係が悪い
8 仕事を覚えるのが遅い
9 朝が来るのが怖くて眠れない
10 優秀な人と比較される

出典:https://biz-que.com/

今回は、ランキング上位に入っている『3位 仕事のミスが多い』についてご紹介していきます。仕事でミスばかりをする原因を知り、対策をすることで仕事でのミスを減らすことができますので、ぜひ参考にしてみてください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E5%BF%83%E9%85%8D%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E5%A5%B3%E6%80%A7-413690/)

私だけじゃない?仕事でミスばかりをして落ち込む気持ち

Yahoo知恵袋でも、仕事でミスばかりをして悩む方からの相談が見受けられました。

『入社3カ月目です。毎日仕事のミスばかりで精神的に辛いです。手順を間違えたり、内容を忘れてしまったり、1人だけできなかったりいろいろです。今ではどんな作業するときも緊張と不安でいっぱいで毎日が嫌で嫌で仕方ないです。かといって、入社してまだ3カ月経ってこれからって時なので辞めづらいです。どうすればミスを減らして周りからの信頼を得ることができますか?』

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10175952855

この相談者の方の気持ちがわかる方は多いのではないでしょうか?仕事でミスを繰り返すと本当に辛いですよね。同じような悩みを抱えているのはあなただけではありませんので安心してください。

仕事でミスばかりをしてしまう原因には大きく4つあり、これから仕事でミスをしないためにも、まずは原因を知る必要があります。

仕事でミスばかりをする原因①仕事の目的や目標を理解できていない

仕事の目的や目標を正しく理解せず、本当の目的とは異なる解釈をしていることはありませんか?正しく理解できていないと、全く違う方向性で仕事を進めてしまうことになりますので、ミスが増えるのは当然です。

また、仕事のミスに気が付くこともできなくなってしまいますので、いつまで経ってもミスを減らすことができません。仕事の目的や目標を正しく理解することは非常に大切なことです。

一度、自分の解釈が正しいのかどうか周りの同僚や上司に聞いてみると良いでしょう。

仕事でミスばかりをする原因②仕事を整理できていない

仕事の整理ができておらず、仕事の納期を守ることができなかったり、必要な段取りを行うことができなかったりする人もいると思います。仕事の整理を行うことは非常に大切です。

なぜなら、仕事の整理を行うことで、仕事に優先順位を付けたり、期日を守って効率良く仕事を行うことができるからです。

効率よく仕事をこなすことができれば、納期に遅れてしまうということも少なくなります。

仕事でミスばかりをする原因③注意力が散漫になっている

仕事をしていると、たくさんの業務を抱えてしまい、マルチタスクになることも多々あると思います。

目の前の仕事以外の他の作業が気になり、先にこなさなければならない仕事に集中することができないと、注意力が散漫になってしまい、簡単なミスをしてしまう原因にもなります。

簡単なミスをしてしまう例としては、上司やミスを過剰に恐れている場合や、他の仕事が気になる場合、体調が優れない場合などが挙げられます。

仕事でミスばかりをする原因④仕事でミスをしても、改善策を考えない

仕事でミスをした後、皆さんはどういう対策をしていますか?仕事でミスを繰り返す人は、ミスをしても落ち込むだけで、改善策を考えない人が多いです。

実は、仕事でミスをしたときこそ成長のチャンスなのです!改善策を考え行動することで、人は経験重ね成長していきます。

ミスは誰でもしてしまうことのなので仕方がありません。その後の行動が何よりも大切なのです。

 

次項からはミスを減らす方法を紹介していきます。ちょっとした心掛けで、仕事でのミスは減らすことができますので、ぜひできることから実践してみてください。

仕事でのミスを減らす方法①コミュニケーションをしっかりとる

仕事を受ける際に、その仕事の目的や目標を正しく理解できるよう意識しましょう。そのためにはコミュニケーションが非常に大切になります。

分からないことや疑問点は放っておかずに、理解できるまで質問しましょう。そうすることで、自分の思い込みを減らすことができ、簡単なミスも少なくなります。

また、しっかりとコミュニケーションをとり、「報・連・相」を常に行っていれば、万が一ミスした場合でも怒られることはないでしょう。

仕事でのミスを減らす方法②メモを活用しよう

仕事を整理することができないなら、メモを活用するようにしましょう。そうすることで、仕事を可視化でき、仕事に優先順位を付けることができるようになるのです。

メモをすることで、大切な仕事や期限を忘れることを防ぐこともできますので、「メモをとる」という行為を習慣化すると良いでしょう。

メモ帳とペンを常に持ち歩くことで、いつでもメモを取れるようになりますので、持っていない場合は今すぐ購入することを勧めます。

仕事でのミスを減らす方法③注意力が散漫になっている原因を考えよう

注意力が散漫になってミスをしてしまう場合は、その原因を考えて対策するようにしましょう。

マルチタスクが原因となっているなら、仕事を一つ一つ確実に終わらせてから次の仕事を始めるようにすることで集中力は増します。

注意力が散漫になっている原因が分からない時は、一つの仕事が終わったら5分程度の休憩を挟むなど、作業に区切りをつけることで集中力は高まりますので、ぜひ試してみてください。

仕事でのミスを減らす方法④失敗を失敗のままで終わらせない

仕事で失敗をしてしまった後には、必ず失敗をした原因を分析し改善策を考えましょう。ちなみに、失敗した時に一番やってはいけないことは落ち込むことです。落ち込むだけでは何にも繋がりません。

起こってしまった失敗は仕方のないことですので、次に同じ失敗をしないためにはどうすれば良いのかということについて考えましょう。

周りに仕事を完璧にこなしている人っていますよね。仕事を完璧にできる人は、自分が失敗した原因や改善策を手帳に書き溜めているのです。

同じ失敗は繰り返さないようにすることでミスの回数はグッと減らすことができますよ。

仕事でミスばかりしてしまう原因は自分のせいだけではない

仕事でミスばかりをしていると、原因は自分自身にあると考えていませんか?

どれだけ対策をしても仕事でのミスが改善されない場合、そのミスはあなただけのせいではないと考えられます。

残業続きで睡眠時間を確保することができないため仕事に集中することができない、仕事を行う上で質問をしても上司がまともに答えてくれないため仕事の目的や目標を正しく理解することができない、など環境が原因でミスをしてしまうケースもあります。

そんな時は、環境の改善に取り組む必要がありますが、どうしても改善が難しい場合は、転職も考えてみましょう。

最後に

仕事でミスばかりをしてしまうと辛いですよね。しかし、そのミスは対策をすることによって、必ず減らすことができます。

今回ご紹介した対策法は、ちょっとした心掛けをするだけで、できるような内容となっていますので、仕事でミスばかりをしてしまうと悩んでいる方は、ぜひ実践してみてください!