給料が安いからモチベーションが上がらないよ···。その悩み解決します!

朝から晩まで働いているのに、使えるお金はこれだけか···と思っている方にこの記事は読んでほしいです。

あなたの給料が本当に安いのかどうか、モチベーションが上がらないのはなぜなのか、しっかり考えてみたことはありますか。

この記事を読めば、次にあなたがするべき行動が必ずわかります。それでは早速チェックしていきましょう!

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B7%E3%83%8B%E3%82%A2-%E4%BA%BA%E3%80%85-%E6%9D%BF-%E8%B2%A7%E5%9B%B0-%E7%99%BD%E9%BB%92-4561704/)

モチベーションアップの前に自分の給料が本当に安いかチェックしてみよう!

平成30年の国税庁「民間給与実態統計調査」によると平均給与は441万円(男性は545万円、女性は291万円)となっています。男性の方が一般的に長く働く傾向が高いので、男性の収入の方が高いのでしょうね。

さてみなさんどうでしょうか。これより高いのに給料が安いと思っている方はもしかしたら、出費の方に問題がある可能性もありますが···。

もし自分の給料が安いと感じているのなら、なぜ安いのか考えてみましょう!

あなたは給料の安い業界で働いていませんか?

平成30年の国税庁「民間給与実態統計調査」によると、業種別の給料のランキングのワースト3は、

「サービス業、農林水産業·鉱業、宿泊サービス業」

となっています。そのためこれらの業種の方々は業種が原因となって給料が安いのかもしれません。

もしこれらの業種に当てはまらない方で、給料が低いと感じている方がいるなら、会社に問題があるのかもしれません。一緒に確認してみましょう。

あなたの会社の給料が安い理由とは?

それではなぜあなたの給料は安いのか、考えられる理由を2つ上げるなら、

・残業代がない
会社の制度として、残業代が一定以上の基準に達しないと払われないという会社があります。あなたが働いている会社はどのような制度となっているのかもう一度確認しましょう。

 

 ・副業が禁止されている
これも先ほどと同じく会社の制度として、基本的に勤務時間以外で別の仕事をすることが禁じられている場合です。こちらの場合もお金を得る手段がなくなるので、給料が安くなる原因となりますね。

 

これらの理由が挙げられます。あなたの会社はどうでしたか?当てはまっている項目はありましたでしょうか?次は実際に給料が安いと分かったときの選択肢をご紹介していきます。

給料が安いとわかったときの選択肢

それでは給料が安い理由がわかったところで、ここからどうすれば良いのか、考えてみましょう!今の会社で働き続けて使えるお金を増やしたい場合としては2つの選択肢があります。

・給与交渉をしてみる
自分の給料と自分の仕事の成果を照らし合わせ、上司に対して給料をあげるよう交渉してみましょう。交渉するだけならタダですし、それで給料が上がるなら今の会社でも働き続けられると思います。問題点としては会社内で孤立する可能性があることです。

 

・節約をして支出を減らす
日常で使うお金を減らせば、自由に使えるお金も増えますよね。ガスや電気、通信代などのプランを見直すのも良いかもしれません。

 

大きく分けて以上の2つが挙げられます。使えるお金の増やし方は紹介しましたが、前提としてモチベーションがなければ仕事も続けれられません。次項では安い給料でのモチベーションの上げ方を紹介します。

モチベーションを安い給料で保つ方法

 現状の安い給料でモチベーションを保つ方法を紹介します。方法としては2つあります。

・本を読む
自己啓発本などを読むことで、自分の仕事に対する考え方や意識を変えることができます。書店に行けば、そういった本はたくさんあるので、何か一冊でも手にとって読んでみるとモチベーションは上がります。

 

・現在の業務をできるだけ効率化するように努力する
今の自分の仕事を効率化して仕事の質をあげましょう。すると上司の目に止まって、給料が上がる可能性も出てきます。給料がモチベーションも必然上がることでしょう。

 

  以上の2つの対策をしても、モチベーションが上がらなかった場合は転職も検討して見ましょう。

 なぜモチベーションアップのため、転職なのか

 それでは今までの内容を踏まえて、なぜ転職するべきなのか紹介していきます。

・給料が高い業界に行くことで、相対的な給料のアップが見込める
副業ができるようになる、副業のための時間が取りやすくなる
・残業がしっかり仕事量として反映され、労働時間に見合った給料になる
・自分の能力をしっかり判断してくれる会社に雇ってもらえる

転職すると上記のようなメリットが複数あります。もちろん、すべて可能とは限りません。

しかし、今の環境を変える方法として、検討してみる価値は十分にあると思いませんか?転職すると給料は上がり、必然的にモチベーションも上がります。

何もしなければモチベーションは下がったまま

給料が高い会社に転職しても、モチベーションが上がらないなら…。と考えている方もいるかもしれませんね。

転職しなければ、あなたはこれまでと変わらない同じ生活が待っていますよ。この記事を読んでいるということは何か現状に不満を持っているのではないでしょうか?

「給料 モチベーション」で検索すると、確かに給料が上がってもモチベーションは上がらないという記事はいくつかあります。しかし、それがあなたに必ずしも当てはまるとは限りません。

現状に何かしら不満があり、それを変えたいと感じている。それならば転職を考えてみるのは、今のあなたにとって有効な手段でしょう。

まとめ

この記事では給料が安くて、モチベーションが上がらないという方に向けて紹介してきました。

自分の給料を平均給与と比較
自分の給料が安い理由を確認
給料が安いとわかったときの選択
・今の会社で.モチベーションを上げるべきか
給料が高い会社の方がモチベーションは上がる

皆様のこれからの行動のきっかけになれば幸いです。