退職して気分すっきり!後悔しない、新しい人生を楽しみましょう!

世の中多くの人が働いていますが、恐らくひとつの不平不満もなく働いているという人はいないでしょう。

ふとした時、「退職」という言葉が頭をよぎりませんか?それとも、「辞めようかどうか」迷ったままでいませんか?

会社を辞めるのは、とても勇気がいることです。身も心もすっきり整理して、新しい人生を手に入れてみませんか?ここでは、どのように退職を決意して、実際にどうやって退職するのか説明していきます。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E9%A2%A8%E6%99%AF-%E6%9D%91-%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%81%AE%E5%83%BB%E5%9C%B0-%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2-1478055/)

退職したいと考えている人の理由とは

会社を辞めたいと思う人の理由には、どんなものがあるのでしょうか。

・上司や同僚との人間関係
・社風と合わない
・ストレスや長時間労働で体調を崩している
家と職場の往復で疲れ果て、自分の時間が充実しない生活が嫌になった
・結婚·配偶者の転勤·親の介護など家庭の事情
・いろいろ積み重り、これ以上続けたくないと思った

人によってさまざまな理由がありますが、大抵それはひとつではなく、複数が原因となっています。

退職しようとする時の不安·恐れ·罪悪感を解消して気分すっきり

退職を考えたとき、不安で怖くなったり、罪悪感を持ったりする人もいるでしょう。

初めてのことには勇気がいるし、たくさんのエネルギーを使うものです。退職が初めてではないとしても、今の職場での退職は初めてのことでしょう。

次の仕事はすぐに決まるのか、経済的に乗り切れるだろうか、退職日まで気まずくならないだろうか、退職で迷惑をかけるのが悪いことのように感じる、などいろいろなことを考えてしまいます。

しかし、上手に退職の準備や手順をふんで行えば、不安や恐れは解消できます。とはいえ退職することで、迷惑をかけるのは事実です。こちらは仕方がないことと割り切って、罪悪感は捨ててしまいましょう。

終身雇用、正社員は安定という呪縛にしばられずに判断しよう

正社員は安定したもの、転職は悪いこと、終身雇用、年功序列といったことは、日本社会で受け継がれてきた悪しき慣習です。多くの人がしばられている呪縛のようなものと言えます。

視野が世界へ向かっており、日々変化している日本社会で、古い考えを持った人はずいぶん減ってきました。しかし実際に働いていると、古い考えがまだまだ根強くあると感じます。

転職は今や珍しいことではありません。総務省の統計によると『2020年の転職者数は319万人です。ここ5年の中では2019年の351万人が一番多い』のですが、高い水準であることに変わりありません。(出典:https://www.stat.go.jp/data/roudou/index.html「労働力調査結果」「総務省統計局 統計表 第1-2表より)

退職を考えるときは、「正社員」「終身雇用」などの呪縛にしばられることなく、じっくり考えるようにしましょう。

今の状態を冷静に見つめ直して、身も心もすっきりさせよう

退職を考えているということは、心に余裕がなくなり、視野も狭くなっている状態だと思います。そういう状態では難しいことですが、できる限り冷静になって、落ち着いた状態で、今とこれからのことを考えることが大切です。

よく考えず、勢いや感情のままに退職してしまうと、後悔や失敗することが多いからです。

今の仕事のデメリットとメリット、退職後のこと、仕事をどうしたいのか、どう生きていきたいのか。自分が何を欲しているのか、後悔や失敗をしないよう、じっくりと考えましょう。

とはいえ仕事に追われ、疲れ切って帰ってくると、難しいことかもしれません。しかし何日か有給休暇を取る、もしくは1日だけでも休みを取って、一度仕事を離れてみてください。そうして身も心もすっきりさせ、冷静になって、落ち着いた状態で退職するかどうかを考えるようにしましょう。

退職を伝えるときは、周りへの配慮を忘れずに

退職を決意すると、会社にそれを伝えることになります。このときのタイミングや時期はとても大事です。なぜ大事なのか、伝えるときどうすればいいのかをこれから説明していきます。

退職を伝えるタイミングや時期を間違えると、上司や周囲と気まずくなり、関係が悪化することがあります。パワハラやいじめなどのトラブルに発展することもあります。

退職を伝えるのは一般的には1か月前、民法上では2週間前といわれますが(民法第627条第1項)、会社によって違うことがあります。必ず「就業規則」を確認し、わからないときは人事担当者に確認するようにしましょう。そうして業務が忙しい時期を避け、タイミングよく伝えるようにしましょう。

退職の意志を伝えたことによって、周囲が少しでも嫌な感情を抱かないよう、充分に配慮して伝えることが大切なのです。そうして円満に退職を進めていきましょう。

退職理由は心をすっきりさせてポジティブな理由に変換を

会社に伝える退職理由はとても重要です。不平不満や悪口ではなく、ポジティブな理由で伝える必要があります。なぜ退職理由がポジティブである方が良いのかを今から説明していきます。

不満や悪口を退職理由として伝えると、お互い嫌な思いをし、ただの愚痴と思われ、退職理由として受け入れてもらえない可能性があります。そして相手に不快な思いをさせてしまっては、円満に退職を進められなくなります。

不平や不満、悪口はいったん心の片隅に追いやり、すっきり整理した状態で、明るく前向きな退職理由を考えるようにしましょう。

退職理由を正直に伝える必要はありません。本音ではネガティブな理由だったとしても、会社に伝えるときは、円満な退職を目指しているのですから、無理やりにでもポジティブな理由に変換するようにしましょう。

退職して後悔する人とは

退職して後悔しないために、まずどんな人が退職して後悔するのかを考えてみます。退職して後悔する人とは、その場の勢いや一時の感情で、たいして考えずに決めた人です。

目の前のことや、一時的な感情にとらわれ、視野も思考も狭くなっている状態で、退職という重要なことを決めてしまっては、後悔や失敗につながります。

退職しようと思った原因は、一時的なものではないでしょうか。もしくは、自分の力で変えられるものではないですか。嫌な面しか見ていなかったり、思い込みで判断したりしていませんか。勢いや感情にまかせて退職した人は、後悔や失敗をすることが多いのです。

退職しても後悔しない人とは

では退職して後悔しない人とはどんな人なのでしょうか?それは今の状況や先のことを、冷静に分析して、落ち着いた状態で決めた人です。そうすることで退職しても後悔や失敗をすることが少なくなります。

同じ失敗をしないように、何のために退職するのか、これから何がしたいのかを明確にする必要があります。

まず、今の会社のメリットとデメリットを整理してみましょう。何が不満なのか、良いところは何か、何がどうあれば頑張れるのか。辞めなくて済む方法はないのか。

思いつく限りの要素を整理し、分析して出した判断で退職した人は、後悔や失敗をすることが少ないのです。感情に流されず、気持ちをすっきりさせて、笑顔で判断をしましょう。

退職はすっきりと円満に

会社に退職の意志を伝え、それが周知されたことで、気まずくなったり、居心地が悪くなったりすることがあります。退職日まで穏やかに過ごせるよう、退職に関するすべてを円満に進めるようにしましょう。

退職をする最終日までにやることは、たくさんあります。引継ぎや送別会、お世話になった人たちへの挨拶など 退職すると決意した後では、気持ち的にきついと感じることがあるかもしれません。しかし「立つ鳥跡を濁さず」最後まで誠意をもって対応しましょう。

誠意をもって対応し、円満に退職すれば、責任を果たしたと胸を張って言えるでしょう。そうすれば、次の転職先や新しいステージにいっても、すっきりと気持ちよくスタートできます。

退職後は気分すっきり!楽しすぎる人生が待っています

冷静にしっかり考え、円満に退職できた今、気分がすっきりして、明るい気持ちでいるのではないでしょうか。

もう嫌な上司の顔を見なくて済むし、満員電車に乗らずに済みます。悩みから解放され、ストレスがなくなれば、心身ともに健康でいられます。

日の光がいつもより明るく感じたり、道端に咲いている花をきれいだと思ったり、ちょっとしたことに感動しませんか?今まで見えていなかったものが見えるようになり、新しい世界に来たような気がして、やる気がみなぎり、力が湧いてくることでしょう。

遠くに旅行へ行く、資格取得のために勉強をする、仕事をしている時にできなかったことが思いっきりできます。すぐに仕事を始める人も、同じ失敗をしない就活をする、新しい職場でがんばる、やりたいことを仕事にするなど、自分が望む道に進めます。決心して手に入れたこの状況を楽しみ、最大限に活かしましょう。

まとめ

この記事では、後悔や失敗をしない退職の仕方を紹介しました。会社を辞めることに不安や恐れはつきものですが、冷静に落ち着いて考え、周りへ配慮して、きちんと手順をふめば円満に退職できます。後悔や失敗しない退職をして、すっきりした気持ちで新しい人生を手に入れてください。

ABOUTこの記事をかいた人

Hurimu

フリーランスとして活動しているHurimuです! 現在は1.5円ライター、ブログ運営、ライティングスクール事業をメインに活動しております! 相談、ご依頼希望の方は気軽にご連絡ください! Skype:fc0592154579cfa Gmail:7kanto777@gmail.com