頑張りたくないなら頑張らなくて良い!仕事での悩みを解決

 

社会人として働いている方であれば一度は、「仕事を頑張りたくない」と思ったことがあるのではないでしょうか?
仕事を頑張りたくないと感じてしまうのには、必ず原因があります。そして、その原因を解決できないまま仕事をしていると、やりがいを無くしてしまいます。
今回は、仕事を頑張りたくないと感じる理由や、その解決策についてご紹介します。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E8%8B%A5%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%99-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E4%BB%95%E4%BA%8B-791849/)

仕事を頑張りたくないと感じる3つの理由

仕事を頑張りたくないと感じる理由で、代表的なものは下記の3つです。
仕事を頑張りたくないと感じることを「甘え」だと思い込んでしまう
周りの目が気になって無理してしまう
先が見えないためいつまで頑張れば良いのかわからない

主に上記のような理由が挙げられます。そう感じてしまう理由にも、共通するものがあります。続いては、これらの理由についての特徴などを、一つ一つ詳しくご紹介します。

仕事を頑張りたくない理由は「甘え」だと思い込んでしまう

一つ目に挙げられる理由として、仕事を頑張りたくない理由を「甘え」だと思い込んでしまうことが挙げられます。
これらが理由である方の特徴として、「仕事場が活気に溢れていて、全員が向上心を持っているような職場」にいる方が多いです。もちろん、全員が仕事第一で考えられるわけではないため、マイペースで仕事をしたい方にとっては、苦痛に感じてしまいます。

仕事場では全員が忙しそうに頑張っているため、本当はそこまで頑張りたくないあなたも、やらなければならないような雰囲気になってしまいます。そして、その感情は「自分に対する甘え」と感じてしまい、より一層仕事に対するやる気を失ってしまうのです。

周りの目が気になって無理してしまう

二つ目の理由としては、周りの目が気になるということが挙げられます。特に日本では、集団心理が根強く残っていたり、「残業=正義」のような風潮があります。

そのため、元々そこまで仕事に熱意を持っていない方にとっては、「周りが残業しているのに自分だけ帰ったら嫌われそう」と感じてしまい、精神的に疲弊してしまいます。そして、仕事に対する熱意をさらに失ってしまい、仕事を頑張りたくないと感じてしまうのです。
先が見えないためいつまで頑張れば良いのかわからない
三つ目の理由として、先が見えないためいつまで頑張れば良いのかわからないということが挙げられます。特に、社会人になって10年未満の方に多く、これからの将来に不安を感じてしまうのが原因です。

特に入社3、4年目の方は下記のように感じてしまいます。
“「新卒で入社して、数年間ガムシャラに頑張ってきた。でももう精神的にも体力的にも限界。あと何年この生活が続くの?35年?40年?そんなに頑張りたくないよ…」”
引用:https://odamasayoshi.com/business/gambaritakunai/

徐々に変化してきていますが、終身雇用制度が一般的であった日本では、転職することに抵抗を感じる方も多いです。そのため、「20歳から約60年間ずっと同じ会社で同じことをして生きていく」という風に感じてしまいます。そして、将来の想像がつかずに絶望して、仕事を頑張りたくないと感じてしまう方も多いです。
頑張りたくない仕事の悩みを解決する方法
ここまで、仕事を頑張りたくないと感じる理由についてご紹介したように、そう感じてしまうのには必ず原因があります。そして、原因があるということは解決策も必ず存在します。

原因を解決できれば、仕事に対する熱意も現れ、向上心を持って仕事に取り組むことができるでしょう。そのためには、まずは原因を特定することが大切です。

先ほど、代表的な原因は特定できたので、続いては、仕事を頑張りたくないと感じる原因を解決する方法についてご紹介します。
仕事に対する不満を一つずつ解決していく
一つ目の解決方法としては、仕事に対する不安を一つずつ解決していくことが大切です。もちろん先ほどご紹介した部分は、代表的な例であり、それぞれの悩みには様々な理由があります。

一気に解決しようとしてしまうと、考え事が多くなり余計に疲れてしまいます。そのため、自分自身でできることから一つずつ解決していきましょう。そうすることで、頭の中でも整理しやすくなり、解決に近づくでしょう。
周りに相談する
仕事を頑張りたくないというように、熱意を失ってしまう方の典型的な例として、一人で悩み込んでしまうということが挙げられます。「周りに相談したら迷惑かな」と思わずに、気軽に相談してみましょう。

もちろん、仕事場の方でなく友人や家族でも問題ありません。とにかく、誰かに話すことでより整理しやすくなり、解決しやすくなるでしょう。多くの方に相談する必要もなく、一人でも良いので誰かに相談することをおすすめします。
転職してみる
こちらは最終手段ですが、どうしても仕事を頑張りたくないという気持ちがなくならないよう方は、転職してみるのがおすすめです。転職をすることで、仕事内容も全く変わり、職場仲間も全員変わります。

そのため、「一からまた頑張ろう」という気持ちで仕事に取り組むことができます。もしかしたら、今の職場の仕事内容があなた自身に合っていないだけかもしれませんし、合わない上司や同僚がいるだけかもしれません。

どうしても解決できそうにない場合には、転職して環境を180度変えることをおすすめします。

まとめ

今回は、仕事を頑張りたくないと感じる理由と、その解決策についてご紹介しました。入社当時は、「仕事を頑張る」と考えていた方でも、理想と現実のギャップにより仕事への熱意を一時的に失っている可能性が高いです。

元々は、仕事に対する熱意があったわけですので、それを取り戻すことも十分可能です。今回ご紹介した解決策を参考にして、今現在「仕事を頑張りたくない」と悩んでいる方は、仕事に対する熱意を取り戻しましょう。