オーロラ が見られる国アイスランドのオススメ絶景スポット5選!

たくさんの魅力的な国がたくさん集まっているヨーロッパ。その中でぜひ行って欲しいのが、ヨーロッパ最北にある国アイスランドです。

火山と氷河という一見相入れない二つの両方を持つアイスランドには、ヨーロッパの中でも随一の大自然がたくさんあります。

今回はそんなアイスランドで見られる絶景スポットを厳選して5ヶ所紹介します。ぜひ最後まで読んでアイスランド旅行に役立ててみてくださいね。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A9%E3%82%B9-%E6%BB%9D-1751463/)

アイスランドで絶景が見られるスポット① オーロラ

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-%E5%8C%97%E6%A5%B5%E3%81%AE%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%A9-2111811/

アイスランドは、世界でも唯一国全体がオーロラ ベルトに覆われている国です。そのため、オーロラ を観測できるスポットがいくつもあります。

アイスランドで見られるオーロラ は例年10月〜4月くらいまでですので、一年のなかでも長い期間オーロラ を観測するチャンスがあるんです。

オーロラ を見るベストシーズンは11月〜2月くらいですので、この時期に合わせてアイスランドを訪れるのがおすすめ。

オーロラ は大変微弱な光のカーテンなので、光の少ない真っ暗の夜空で見る必要があります。そのため、街灯の多い街から離れた郊外で見るのが良いでしょう。

観測確率がおよそ40%と言われていますが、現地のツアーを使えばその確率をあげることができます。オーロラ 観測のスペシャリストたちが案内してくれるので、高確率で綺麗なオーロラ を見ることができるでしょう。

北欧の冬はとても寒いですから、暖かい格好をしてオーロラ 観測にチャレンジしてみてはいかがですか?

アイスランドで絶景が見られるスポット② ブルーラグーン

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%83%B3-%E6%B0%B4-180534/

ブルーラグーンはアイスランド南西部にある世界最大の露天風呂で、水着さえ着ていれば誰でも入ることができる人気の観光スポットです。

アイスランドの首都レイキャビクから車で約45分ほどの距離にあるこのブルーラグーンは、お肌に効能があるミネラルをたっぷりと含んでいる海水からできています。

国内外からたくさんの人が利用するので、ブルーラグーンは予約なしで入ることはほぼ不可能に等しいです。

前日だったとしても、休日などの人が集まりやすい時期だと予約が取れないことがほとんどです。ですので、アイスランドに行くのが決定した段階で予約は済ませておくのがおすすめです。

アイスランドで絶景が見られるスポット ストロックル間欠泉

https://pixabay.com/ja/photos/%E9%96%93%E6%AC%A0%E6%B3%89-%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AB%E9%96%93%E6%AC%A0%E6%B3%89-3242001/

ストロックル間欠泉は、アイスランドを代表する観光スポットの一つで、上空30mの高さまで吹き出す熱湯の大迫力な間欠泉を見に、たくさんの人が訪れます。

数年前までは、ストロックル間欠泉から数百メートル離れたところにあるゲイシール間欠泉が主流の観光スポットでしたが、現在はめっきり噴出の回数が減ってしまいました。

そのため、今はゲイシールではなく、5〜10分に一度噴出が発生するストロックル間欠泉が観光の主流となっています。

間欠泉が噴出する様子は大迫力で見ものですが、その中身は90℃〜100℃の熱湯ですので、間欠泉には近づきすぎないようにしましょう。ぜひ地球の神秘をその目で確認してきてくださいね。

アイスランドで絶景が見られるスポット ヴァトナヨークトル氷河

https://pixabay.com/ja/photos/%E6%B0%B7%E6%B2%B3-%E6%B0%B7%E3%81%AE%E6%B4%9E%E7%AA%9F-%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-1868192/

アイスランドで国土のおよそ8%を占めるのがこの、ヴァトナヨートクル氷河です。この氷河はアイスランドのみならず、ヨーロッパ含めても最大のサイズを誇ります。

特に周りの壁全体が氷に包まれてできている氷の洞窟「アイスケープ」は光の関係で青く輝き、スーパーブルーの名で親しまれています。

11月〜2月というごく限られた冬の期間でしか見られない大変貴重な絶景です。洞窟内は氷塊が落ちてきたり、足元が危なかったりするので、ツアーを利用して訪れるのがおすすめです。

最近では地球温暖化の影響もあってアイスケープの規模が縮小しつつあるそうで、いつかこの絶景が見られなくなる日が来てしまうかもしれません。

アイスランドに行く予定がある方はぜひ行ってみてくださいね。

アイスランドで絶景が見られるスポット シングヴェトリル国立公園

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%AB-%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-1489664/

シングヴェトリル国立公園は、アイスランドで唯一世界遺産に登録されているところで、大自然がたくさん詰まった人気の観光スポットです。

シングヴェトリル国立公園には、地球上にたった2ヶ所にしかない地球の割れ目、「ギャウ」があります。もう一ヶ所はアフリカにあります。

他にも、アイスランドで最大の湖や、温泉、火山湖など、地球の神秘を感じられるようなスポットがいくつも点在しているので、思いっきり楽しんできてくださいね。

まとめ

ここまで北欧の国、アイスランドで見ることができる絶景スポットを厳選して5ヶ所紹介しました。

日本から飛行機で18時間という遠い距離にあり、日本人にはなかなか馴染みがないアイスランドですが、日本ではみられないような、大自然の絶景を見られるところがいくつもあるんですよ。

北欧であるため日本より気温が低いので、服装には気をつけて、楽しんできてくださいね。最後まで読んでいただきありがとうございました。