仕事が難しいし辛いから辞めたい..。すぐに転職しても大丈夫なの?

仕事が難しいと悩んでいると、どうしてもネガティブな思考に陥ります。仕事を辞めたいという気持ちにもなってくるでしょう。

仕事が難しいと感じるのは、何かしらの問題があるからです。問題を洗い出し、ひとつずつ解決をしていけば、現職を続ける希望が見えてくるかもしれません。

この記事では仕事が難しいと感じる理由と、その解決策について紹介します。

また、問題に向き合った結果、転職やフリーランスの道を選択する方もいるでしょう。その際に抑えておくべきポイントについてもまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E8%B3%AA%E5%95%8F-%E7%96%91%E5%95%8F%E7%AC%A6-%E8%AA%BF%E6%9F%BB-%E5%95%8F%E9%A1%8C-2736480/)

仕事が難しいと感じる理由①入社したばかりで仕事を覚えていないから

先輩社員が次々と仕事をこなすのを横目に、なんで自分は仕事ができないのだろうと入社したばかりだとそんな悩みがありますよね。

これは新人社員に多い悩みですが、仕事できないと感じるのは社会人にとっては通過儀式のようなものです。新人であれば仕事ができないのも、時間が掛かるのも当たり前です。

仕事が辛くても踏ん張ってやり遂げる、その気持ちを養うことが大切です。先輩社員も同じように新人の辛さを味わっています。どうしても辛いという時は一人で抱え込まず、先輩社員に相談してみましょう。

仕事が難しいと感じる理由②スキルや知識がない

仕事に必要なスキルや知識がなければ、当然仕事は難しくなります。配置転換や部署異動により、今までの経験が活かせない場合もあるでしょう。

もちろん、スキルや知識の習得に積極的な姿勢が必要ですが、人には得手不得手があり、努力だけでは解決できないこともあります。

明らかに自身の適正から外れた業務を任された場合、上司に相談するのが一番です。しかし、ただ仕事が難しいと訴えるだけでは、意欲がないと思われてしまいます。

「〇〇を改善してもらえれば今よりも仕事ができるようになる」「〇〇の仕事だったら成果が出せる」

というように、解決策を上司に提案するのと、前向きな姿勢を示しながら相談することで、上司も親身になって対応してくれるでしょう。

仕事が難しいと感じる理由③仕事量が多い

毎日夜遅くまで残業となると、気が滅入ってしまいますよね。そうなると、自分は仕事ができないとネガティブな思考に陥りがちです。

仕事量が多いと悩んでいる方は、頼まれた仕事を全て引き受けていませんか?振られた仕事を断るとマイナスに評価される、と恐れる気持ちは分かります。

しかし仕事に時間が掛かったり、完遂できなかったりとなれば、それもマイナス評価となってしまいます。

時には「仕事を断る勇気」も必要です。

仕事が難しいと感じる理由④人間関係が悪い

職場での人間関係が円滑でないと、仕事も難しく感じることがあります。誰も何も教えてくれない、分からないことを相談できない、という状況は辛いですよね。

自分の振る舞いに問題があるなら、当然それを直す必要があります。相手の顔を見てしっかり挨拶するなど、小さなことですがそれだけでも印象は違ってきます。

しかし原因が自分以外にある場合、上司の介入が必要かもしれません。上司がチームの和を作る努力をする、配置転換を行うなどです。

仕事が難しい、辞めたいと悩んだら今すぐ「相談」しよう!

ここまでで挙げた以外にも、仕事が難しいと感じさせる理由は多くあるでしょう。

しかし多くの問題は「相談する」ことによって解決していきます。逆に言うと、相談できなければ問題は解決せず、いつまでも仕事が難しいと感じたままです。

当たり前のようですが、実際に仕事をしていると「報告・連絡・相談」の重要性を感じることは多いですよね。

労働環境の改善が求められている昨今、企業も社員の声に耳を傾ける必要性があります。社員向けの相談窓口なども活用していきましょう。

仕事を辞めたい?でも安易な転職はストップ!

仕事が難しいという状況が続くと、もう辞めたいという気持ちになりますよね。しかし安易に転職を考える前に、まずは現状の問題解決に努めましょう。

問題を解決するスキルを身に付けないと、問題が発生する度に転職を繰り返すようになってしまいます。

転職によってキャリアアップができなければ、勤続年数の長い現職を続けたほうが高い給料を貰えているかもしれません。

もちろん、全ての問題を解決できるわけではありませんが、ストレスで身体を壊す前に転職をする判断も必要です。

現職で問題解決に努めること、転職して環境を変えること、自分にとってメリットがあるのはどちらでしょうか。転職活動を始める前に、冷静に考えてみましょう。

冷静に考えても「辞めたい」という結論が出たのなら転職するべきです。

どうしても辞めたいと思ったら、転職サイトやエージェントに登録しよう!

もし転職をする選択に至ったのであれば、まずは転職サイトや転職エージェントに登録することをお勧めします。

転職サイトやエージェントは転職のプロのため、現状の悩みや次に繋がるアドバイスなどをもらうことができます。

また転職先も見つけてくれるため、忙しい方でもスムーズに転職活動を進めることができるので、仕事が難しいと悩んでいるのなら、一度相談してみては如何でしょうか?

会社を辞めたいなら、フリーランスに挑戦してみるのもあり!

組織に所属することが苦手であれば、フリーランスとして活動する道もあります。フリーランスは特殊なスキルや人脈がないと難しいと思われがちですが、クラウドソーシングが普及し始めた2010年頃から、その敷居は低くなっています。

クラウドソーシングとは“不特定の人(crowd=群衆)に業務委託(sourcing)するという意味の造語で、ICTを活用して必要な時に必要な人材を調達する仕組みのこと”です。

(※総務省HP「クラウドソーシングの広がり」よりhttps://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/html/nd144420.html)

 

クラウドソーシングを仲介するWEBサイトには、日々新しい仕事が投稿されています。データ入力や文章作成など、一般的なビジネススキルで対応できる案件も多くあります。

それを足がかりに経験を積み、将来的には企業と直接やり取りできるようになることもあります。

全てが自己責任であり、結果を出すにはそれ相応の努力が必要ですし、ある程度の金額を稼げるようになるには時間も掛かるでしょう。

しかし何よりも組織や時間、場所に囚われない働き方というのはとても魅力的ですよね。

まとめ・・・仕事が難しい、辞めたいと悩んだときは

仕事が難しいと感じている場合、まずは同僚や上司に相談しましょう。問題を解決する過程で自身の成長に繋がれば、それに越したことはありません。

転職という判断に至った場合、転職エージェントのサービスを最大限活用しましょう。自身のキャリアアップに繋がる、意味のある転職をする必要があります。

また、組織に縛られたくない、自己責任で仕事をしたいという方は、フリーランスという選択もあります。どのような働き方をするにせよ、仕事が難しいと感じたままでは結果は出ません。

悩んだままにせず、身近な人に相談することから始めてみましょう。