逃げ癖のせいで仕事が続かない..。どうすれば克服できるの?

逃げ癖というのは、一度癖になってしまうとなかなか克服できないものです。嫌なことがあるとすぐに仕事を投げ出してしまう人は少なくありません。

ここでは逃げ癖を治したいと思っている方に向けて、逃げ癖の克服方法を7つご紹介していきます。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E6%94%BE%E6%B5%AA%E8%80%85-%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0-455338/)

逃げ癖の克服方法①『達成しやすい目標を設定する』

達成しやすい目標を設定し、成功体験を積み上げることで逃げ癖は解消されます。

「1ヶ月間毎日いつもより30分早く起きる」
「1ヶ月間無遅刻無欠席を達成する」

などのように、小さな目標を数字で表して成功するという経験を積むことで、やり遂げる力が身につきます。

すると、嫌なことや逃げ出したいことがあったとしても、逃げずにやり遂げることができるのです。

逃げ癖の克服方法②『失敗しても悲観的にならない』

失敗しても悲観的にならず、その失敗を次に活かすことを考えるようすることが大切です。

誰でも失敗することはあります。どんなに凄い人でも失敗しない人などいないと、まず頭に入れておきましょう。

失敗しても、「この失敗は成長するために必要なことなんだ。」と考えれば、特に落ち込むこともないと思います。

失敗して悲観的になってしまうと、その後も失敗し続ける人生になってしまいます。

逃げ癖の克服方法③『逃げた後の周りのリスクを考える』

逃げた後のリスクを考えれば、すぐに逃げ出す癖はなくなることでしょう。

「逃げたら家族を養うことができなくなってしまう」
「周りの人にも迷惑がかかってしまう」

など、自分自身だけが被害を受けるのはまだいいですが、大切な人たちが傷つくことを思えば逃げることはできないと思います。

ただ、逃げ出すことは悪いことではありませんので、本当に辛くなったらすぐに逃げ出しましょう。

逃げ癖の克服方法④『逃げ場をなくす』

逃げ場をなくし自身を追い込むことで、やるしかならない状況を作り出すことができ、逃げ癖も徐々に解消されていきます。

少々荒療治になりますが効果はテキメンです。人は絶対にやらなければならない状況に陥ると、たいていのことはできるようになります。

この方法は逃げ癖を解消できる代わりに精神的なストレスがかかるため、本当にどうしようもないときに試してください。

逃げ癖の克服方法⑤『何事にも挑戦してみる』

逃げ続けていく人生だったとしても、常に新しいことに挑戦していくことで自分の本当にやりたいことは見つかるものです。

逃げた後に逃げたままで終わってしまうと、逃げ癖は一生治りません。ですが、逃げても挑戦し続けることができれば、それは”逃げ”ではなく”成功”です。

やりたい好きなことが見つかれば、逃げることもなくなりますよね。そうすれば逃げ癖も必然的に解消しています。

逃げ癖の克服方法⑥『逃げたい時は周りに相談してみる』

いつものように逃げ癖が出そうになったら、まずは周りの人たちに相談してみるようにしましょう。

本当にあなたのことを大切に想ってくれている人なら真摯に話を聞いてくれるはずです。自分一人で解決しようとすると、解決案が浮かばず逃げるという選択になりがちです。

友人や家族に相談すると、客観的な意見や一人では思いつかなかった解決策が見つかるかもしれません。

頼ることは恥ずかしいことではありません。助けてもらった分あなたも悩んでいる人がいれば助けてあげればいいだけですよね。

逃げ癖の克服方法⑦『スキルを身に付ける』

逃げ癖を克服するためには、誰にも負けないという自身があるスキルを身に付けることで克服できます。

誰にも負けることがなければ逃げ出すこともないですよね。何かしらの劣等感があるからこそ逃げ出したくなるものです。

すでにスキルを持っている方なら、そのスキルを活かせる環境に身を投じましょう。

逃げ癖を克服したいと思っているのはあなただけではない

SNSで少し探しただけでも逃げ癖を克服したいと思っている方はたくさんいます。

悩みを抱えているのはあなただけではありません。今の自分を本当に変えたいと思っているのなら、まずは何かしらのアクションを起こしてください。

まとめ

最後に今回ここで紹介した逃げ癖を克服する方法をまとめます。

  1. 達成しやすい目標を設定する
  2. 失敗しても悲観的にならない
  3. 逃げた後の周りのリスクを考える
  4. 逃げ場をなくす
  5. 何事にも挑戦してみる
  6. 逃げたい時は周りに相談してみる
  7. スキルを身に付ける

逃げ癖を治すためにも、まずはここで紹介した方法を実践してみてください。私自身、すぐに逃げ出してしまう性格で、転職を繰り返していましたが、今では逃げ癖が解消されています。

今の自分を変えるためにはどれだけ本気で行動するかが大切ですので、焦らずゆっくりと逃げ癖を失くすために動き続けましょう。