【プログラマーに資格はいらない】就職や仕事受注を有利にする方法も紹介

プログラマーとして働くのに、資格はいらないです。実際、なんの資格もなしにプログラマーとして活躍している人は大勢います。

この記事では、プログラマーに資格がいらない理由を紹介します。さらに「資格がないと不安だから取りたい」という人向けに、おすすめ資格5つも紹介。

「資格なしでどうやって採用を有利に進めればいいんだ…」という悩みにも回答していきます。プログラマーを目指したい人、就職や仕事受注を有利に進めたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

(アイキャッチ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/170480?title=ファイルを持つ女性11)

プログラマーに資格がいらない理由2つ

https://www.photo-ac.com/main/detail/4151295?title=why%3F+なぜ?+虫めがね

「プログラマーには資格がいらない」と聞いても、なんとなく納得いかない人もいるかもしれません。

そこで、プログラマーに資格がいらない理由を2つ紹介していきます。

資格が必要ない理由2つ
  1. 名乗れるし仕事もできる
  2. 実力重視の文化がある

それぞれ解説していきます。

プログラマーに資格がいらない理由①名乗れるし仕事もできる

https://www.photo-ac.com/main/detail/4021559?title=OKのプラカードを持つ若いビジネスウーマン

世の中の職業には、資格がないと名乗れなかったり、仕事ができなかったりするものがあります。

これらは、業務独占資格名称独占資格と呼ばれます。

  • 業務独占:資格がないと仕事できない(例)医者
  • 名称独占:資格がないと名乗れない(例)管理栄養士

医者の免許を持っていない人が、医療行為をすると医師法という法律に違反したことになります。

また、管理栄養士の資格を持っていない人が、管理栄養士を名乗ると栄養士法という法律の違反をしたことになります。

しかし、プログラマーに関しては、法律に規定がありません。プログラマーと名乗ったり、プログラマーとして仕事をしたりするために資格は不要なのです。

資格が不要な職業はプログラマーの他にも、介護士や占い師などがあります。資格が不要な仕事は意外と多くあるものです。

プログラマーに資格がいらない理由②実力重視の文化がある

https://www.photo-ac.com/main/detail/493811?title=力こぶを出している男性3

プログラマーの世界は、基本的に実力重視です。通常なら、「資格取得を目指す!」というと「向上心があっていい」評価されますが、プログラマーは違います。

「資格取得するより、仕事で成果をあげるべき」という考え方をする人が多いです。

頑張って資格をとっても仕事で評価につながらないため、資格を取る意味があまりないのです。

いらないって言うけど…資格はプログラマーの仕事に役立たないの?

https://www.photo-ac.com/main/detail/2564799?title=女性がモヤモヤ悩んで頭を抱えている画像%E3%80%80吹き出しつき

「仕事をするのに必要なくても役立つなら取りたい」という人もいるかもしれません。ただ、プログラマーの資格に関しては、採用において参考にされる程度です。

まったく役にたないかと言えばそうでもありませんが、あまり効果は期待しない方がよいでしょう。

ただ、資格取得が勉強の指針になったり、自信につながったりすることはあります。これらに魅力を感じる人は、資格取得を目指してもよいかもしれません。

いらないと言われても取りたい!プログラマーにおすすめの資格5つ

https://www.photo-ac.com/main/detail/2046429?title=【切抜PSD】左を指差す女性

自分のスキルレベルを確認したい人は、資格取得を目指すのもよいでしょう。

ここでは、プログラマーにおすすめの資格5つ紹介していきます。

それぞれ活躍できる分野が異なりますので、あなたの希望にあった資格を取得するようにしてください。

①PHP技術者認定試験

プログラマーを目指す学生が取得することが多い資格です。

PHPはwebサイトの問い合わせフォームや買い物機能などに使われるプログラミング言語。web制作に携わりたい人は学んでおきたい言語です。

初級と上級に分かれており、初級は合格率70%、上級が10%です。まずは初級から目指してみてください。

②ORACLE MASTER

ORACLE MASTER(オラクルマスター)は、世界的にも評価が高い資格です。

データベースやアプリケーションを管理する能力が問われます。大企業などの膨大な顧客データを管理するシステムを扱いたい人におすすめです。

4つのレベルに分かれていますが、合格率は公表されていません。まずは、一番下のブロンズレベルからチャレンジしてみてください。

③ITパスポート

https://www.photo-ac.com/main/detail/3117608?title=IT%E3%80%80イメージ

ITパスポートは、情報管理に関する幅広い知識が問われる資格です。プログラマーとしての直接的な知識というより、プログラマーとして持つべき基礎が学べます。

国家資格としても認められていますが、合格率は50%と狙いやすいです。IT全体の理解を深めたい人は、取得してみてください。

④基本情報技術者資格

基本情報技術者資格は、実際にシステムを構築していく能力が問われる資格です。セキュリティやデータベースなど、プログラミングに関する知識が幅広く学べます。

国家資格として認められており、合格率は20〜30%とやや難関。プログラマーを目指す人の登竜門とも言われる資格ですので、ぜひチャレンジしてみてください。

⑤C言語プログラミング能力認定試験

C言語プログラミング能力認定試験は、名前の通り、C言語を扱う能力を問われる試験です。

C言語はアプリやロボットを制御できる言語で、アップル製品のソフトウェアであるOSにも多く使われています。

試験の合格率は、50〜60%と高め。アプリ開発に興味がある人は、挑戦してみてください。

プログラマーに資格はいらないけどスキルは必要

https://www.photo-ac.com/main/detail/3232273?title=両手と電球%E3%80%80ひらめき%E3%80%80アイデア

プログラマーとして働くために資格は必要ありません。しかし、スキルがなければ、収入のよい会社や仕事を受けられません。

スキルを身につけてプログラマーを目指したい人は、以下の記事も参考にしてください。

プログラマーになるには?最短ルートや高収入の目指し方を立場別に紹介

2021年4月18日

目指し方を解説した記事ですが、勉強方法についても触れています。高校生・大学生・社会人の3パターンに分け、それぞれの最適な勉強方法を紹介しています。

プログラマーとして採用面接・仕事受注を有利にする方法

https://www.photo-ac.com/main/detail/1115150?title=面接官と就活生17

スキルを身につけたら、次に気になるのが「採用面接や仕事受注がうまくいくか」ですよね。

採用や仕事受注を有利に進めていきたいなら、以下2つを行いましょう。

  1. 実績を作る
  2. ポートフォリオを作る

プログラマー採用・仕事受注を有利にする方法①実績を作る

https://www.photo-ac.com/main/detail/2889270?title=積み木のステップアップのイメージ画像:矢印付き

まずは実績を作りましょう。練習でwebサイトやアプリを作成してみてください。あなたのスキルを証明できる作品が出来上がります。

できれば、クラウドソーシングサイトを使って、実際の仕事を受けてみましょう。業務経験を積んでおけば、採用にも有利になります。

クラウドソーシングサイトとは、仕事を依頼したい人と仕事をしたい人をマッチングしてくれるサイトです。代表的なサイトとして、クラウドワークスがあります。

無料で利用できますし、30秒あれば登録できます。まずは、無料登録してどんな仕事があるのか見てみることから始めてみてください。

プログラマー採用・仕事受注を有利にする方法②ポートフォリオを作る

https://www.photo-ac.com/main/detail/3305614?title=打合せ資料とノートパソコン

実績を作ったら、ポートフォリオにまとめていきましょう。ポートフォリオは、あなたのスキルや実績が一眼でわかるようにまとめたWebページのことです。

自分で1からサイトを作る方法もありますが、サービスを利用すれば手軽に作れます。

無料で手軽に作りたい人は「forio」、有料で自分らしくカスタマイズしたい人は「Portfoliobox」がおすすめです。

まとめ プログラマーは資格がいらないけどプログラマは実力主義

https://www.photo-ac.com/main/detail/4442511?title=走る男性シルエット

プログラマーは資格がいらないということについて紹介しました。

プログラマーの世界は実力主義なので、まずはスキルを身につけていきましょう。その後、実績をためてポートフォリオを作成してください。

ポートフォリオを作成しておけば、あなたのスキルをアピールでき、採用面接や仕事受注が有利になりますよ。

記事中では、ポートフォリオの作成に便利なサービスも2つ紹介しましたので、ぜひ活用してみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

あっしー

検索意図を満たすSEOライティングで記事を書いているライター。世の中が落ち着いたら、パソコン片手に旅に出る予定。とは言え、外国語わからんし、めちゃくちゃ方向音痴なので正直めっちゃ不安。でもやる。やりたいからやる。僕はそういう奴です。